【全シリーズ無料】コンフィデンスマンjp動画第1話無料視聴!

コンフィデンスマンjpですが2020年5月に映画2が公開されることが決定しましたね。そこでコンフィデンスマンjpを1話から無料で見たいとネットで検索している人も多いでしょう。ここではコンフィデンスマンjpを1話から無料視聴できる方法、さらに劇場版コンフィデンスマンjpも無料で見れる方法を紹介します。

今すぐ無料見放題!

無料でお試しFOD

コンフィデンスマンjp動画映画予告は?

コンフィデンスマンjp動画公式サイト情報

公式サイト 公式サイト
ウィキペディア ウィキペディア
キャスト情報 長澤まさみ/小日向文世/東出昌大/吉瀬美智子/竹内結子

 

コンフィデンスマンjp動画第1話から全話無料見放題は?

コンフィデンスマンjpはフジテレビ放送なのでFODで見逃し配信しています!!

FODではコンフィデンスマンjpの全話を無料で見放題できます!

コンフィデンスマンjpはプレミアム見放題作品なので初回2週間無料でお試しできるんです!

さらに運勢編も見放題なんです!!

 

まずは無料でお試し!FOD

古沢脚本家の他の作品も!

こちらの作品は毎月もらえるポイントで実質無料で見れます!

 

※ポイントは無料お試し期間ももらえます!

 

ミックス

エイプリールフールズ

探偵はBarにいる

 

 

まずは無料でお試し!FOD

 

キャストの作品も配信中!

FODでは毎月900ポイント付与されますが、こちらの作品もそのポイントを使えば実質無料で視聴できます。

 

1作品400ポイントなので3作品は実質無料で見れるんです!

※ポイントは無料お試し期間でももらえます!

 

【長澤まさみ出演作品】

「嘘を愛する女」

「モテキ」

「そのときは彼によろしく」

「タッチ」

「世界の中心で愛を叫ぶ」

「高校入試」

まずは無料でお試し!FOD

【小日向出演作品】

FOD小日向出演見放題作品

サバイバルファミリー

・サイドウェイズ

ソロモンの偽証

清須会議

・救命病棟24時

・ウォーターボーイズ

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

ミックス

・重力のピエロ

タッチ

・今会いにゆきます

まずは無料でお試し!FOD

無料お試し登録は?

スマホから簡単に無料お試し登録できます。

まずはこちらをクリック。

 

Amazonアカウントで簡単に登録できます。

今回の無料お試しはAmazonアカウントでないと対象にならないので注意が必要です。

まずは無料でお試し!FOD

無料解約方法は?

解約も簡単にできます。

スマホメニューをクリックします。

お試し期間中に視聴すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!FOD

FODの特徴は?

FODでは約30000作品見放題となってます!

毎月1300ポイント

FODでは毎月1200ポイント付与されます。

さらにログインボーナス100ポイントも付与。

無料でお試しFOD

コンフィデンスマンjp動画主題歌は?

コンフィデンスマンJP主題歌はOfficial髭男dism。

映画コンフィデンスマンJPの主題歌も担当です!

コンフィデンスマンjp動画映画主題歌は?

コンフィデンスマンjp動画ネタバレは?

1話ネタバレ

信用詐欺集団

男性ストリップクラブにて働くボクちゃん(東出昌大)

ボクちゃんとオーナークミコ(未唯)はダー子がオーナーの夜桜の麗に扮して経営している違法カジノへ行く。

ディーラーを務めるリチャード(小日向)の目の前でクミコは大勝利。

そんな中ダー子は金庫にすでに1億のお金があると告げる。

クミコが残りのチップと持参した現金1億をかけダー子と勝負したいという。

ダー子がサイコロを振りクミコが半にかける。

実は最初から半丁決まってることはリチャードが密かにクミコに告げている。

結果はクミコが半で勝利

そこに警察が登場。

ダー子は日本刀を片手に立ち向かうが撃たれてしまう。

倒れただー子を見て、クミコはカジノから逃げてしまう。

銃弾を受けたダー子に近寄る刑事。

「いつまでやっているんですか?」

実はこの刑事役の男性は中古車販売を営む刑事だった。

カジノのお客はすべて中古車屋の社員だった。

胸から血のりを取り出すダー子。

つまりこれはすべてダー子がクミコからお金を騙し取ろうとして近づいた騙し計画だったのだ。

リチャードも僕ちゃんも最初からその計画で、クミコに近づいたのだ。

カジノの金庫のお金は中古車販売の社長から借りたお金だったのだ。

お金を掴み、そのままホテルのスイートルームに逃げ込む3人。

リチャードは大笑いで喜ぶが、僕ちゃんはこの仕事から手を引きたいと言い出す。

そして200万を掴み部屋から出ていく僕ちゃん。

そして5か月後

船長に扮したリチャードは公益財団あかぼしの会長赤星(江口洋介)に近づく。

連絡を受けた僕ちゃんが病院に行くと、そこには重傷を負ったリチャードと落ち込むダー子が。

ダー子は自分が無理やり引っ張ったことを反省。

赤星は表向きは文化財団など運営する名士だが、裏の顔はやくざの黒幕だったのだ。

「もしこのままリチャードが・・・」というダー子。

僕ちゃんは自分がリチャードを引き継ぐ!というのだった。

リチャードの仇を討つために結束するダー子と僕ちゃん。

赤星は日本のゴットファザーともいわれ仲間を大事にする結束は固く裏切りは容赦ない。

警察ももちろん目をつけているがなかなか尻尾を見つけられないでいたのだ。

赤星は莫大なお金を持っていてその現金を海外に運びたいはず、そうダー子は予測していた。

4か月前に船の船長に扮したリチャードを送り込んだダー子。

リチャードは時間をかけて赤星との信頼を作る。

そしてついに赤星は貨物船で現金を運び出す計画を持ち掛けてきた。

ダー子は港にて赤星を待つ。

しかし赤星は来ない、リチャードとも連絡が途絶える。

リチャードは瀕死の状態だと連絡が入ったのだ。

僕ちゃんは居ても立っても居られず後を引き継ぐと言ったのだ。

ダー子は自らハニートラップになり赤星の懐に入り込む作戦を思いつくがボクちゃんに反対される。

船長は使えない・・・そこでダー子は猛勉強し3か月という短時間でCAの資格を取得。

マニラ空港にてダー子扮するCAにチンピラに扮した僕ちゃんが乗り込む。

食堂にてダー子に赤星が話しかけてくる。

「CAさんも大変ですね。空港でお見掛けしました。。横柄なお客もいるもんですね。」

チンピラのことをどうやら言っていたのだ。

そしてお酒が進みダー子はあのチンピラは実は航空会社の社長の息子だと明かすのだった。

そしてチンピラの荷物に大金が入っていたことを気にする赤星。

赤星はどうやら借金まみれの設定の僕ちゃんがダー子と共謀し親の裏金を海外に違法に運び出しカジノで増やそうとしている設定を赤星は信じているようだった。

赤星は2つの選択を迫る。

一つ目は自分に通報されるか。

もう一つは自分の仲間になるのか・・・・

腹が決まったら事務所に来てくれと言い残して去っていった。

赤星の事務所を訪れた僕ちゃん。ダー子も一緒だ。

一番大事なのは信頼だという赤星、二人の前にナイフを突き立てた。

「これをマニラまで届けてほしい」

赤星はバッグを取り出し、中身を絶対に見ない条件で渡す。

ダー子たちは警備が手薄ないわき空港から出国することを決め・・・・

2話ネタバレ

ロシアのマフィアの接待をするダー子。

ダー子たちは寿司を握る寿司屋へ。

味は素晴らしくダー子は大絶賛。

モスクワで出店させたいとつぶやきます。

しかしそこに警備員が・・・・

このビルは明日取り壊し予定ですと怒られます。

一目散に逃げるダー子たち。

アジトに戻ったダー子たち。

しかしロシアのマフィアに殺されるところだったという僕ちゃん。

金輪際縁を切る!といい出て行こうとする僕ちゃんを止めるダー子。

しかし出ていってしまう僕ちゃん。

しかし2か月後に戻ってきたのだった。

そしてまっとうな仕事をしたいとのことでひなびた老舗旅館すずやで住み込みの仕事をするという。

僕ちゃんはすっかりそこの女将操(本仮屋ユイカ)の虜になってしまった。

しかし穏やかな日々は終わる。

経営不振から店を桜田リゾートに売却することに。

桜田リゾートは次々と経営不振のホテルなど買取全国に展開していた。

しかしその発展には賄賂や地上げなど社長しず子(吉瀬美智子)の黒い影があったのだ。

そしてすずやは桜田リゾート関係者から誹謗中傷のコメントをネットで書かれ客が激変していた。

これが大きな経営破綻の理由だった。

そしてすず子はすずやの査定は0円といい従業員を解雇。

あまりのやり方に落ち込む操。

そんなやり方に悩む僕ちゃん。

そして操から1億5000万あれば売らずに済むということを聞く。

そして僕ちゃんはダー子にすずやのためにすず子から1億5000万円奪い取ってほしいという。

しず子は短大卒業後ホテルに嫁入り。そして汚いやり方で全国展開していく。

一家離散、自殺などに追い込まれたものも多い。

そんなしず子はカジノを中心とした国のリゾート開発に食い込もうとしていた。

そこでダー子はある提案をする・・・・

3話ネタバレ

悪徳美術評論家

カフェにて求人情報を読む僕ちゃん。

カフェで働いている美大生須藤ユキと知り合いになり僕はユキの個展に行きます。

しかしアトリエに行くと事情により中止という張り紙が・・・

僕で良ければ相談のりますという僕ちゃん。

事情を聴いた僕はリチャードに連絡します。

美術評論家城ケ崎(石黒賢)のお宝鑑定の番組を見るダー子とリチャード。

ことのはじまりはユキの通う美大に城ケ崎が講師としてやってきたのだった。

そして城ケ崎に作品を褒められたユキは城ケ崎のもとに通うようになり男女の仲になってしまったのだ。

交際して3か月。

城ケ崎はユキの作品を作品そのものはゴミだ!なんの意味もないといい、そのまま連絡はできなくなってしまう。

ショックを受けたユキは自殺未遂までしてしまったのだ。

そんな城ケ崎のオークションハウスに中国人バイヤーに扮したダー子が潜入。

そして高値で落札したダー子を見て城ケ崎はほくそ笑む。

城ケ崎に誘われしゃぶしゃぶで食事をとったダー子。

才能がない絵は嫌いだというダー子に話があうという城ケ崎。

早速ダー子はアジトに帰りリチャードたちに話す。

「美術評論家にとって一番の喜びは何?」

「それはまだ見ぬ作品を発掘すること」

そこでダー子は旧知の画家贋作画家伴のもとに行く。

ピカソの絵を描いた画家だ。

1か月後伴のピカソの贋作が完成。

城ケ崎は必ず本物と断定する!といい、ダー子は古美術商に扮した僕ちゃんに渡す・・・

4話ネタバレ

カフェにて美大生の須藤ユキと知り合った僕ちゃん。

ユキが悪評高い美術評論家城ケ崎に心身ともに遊ばれたことを聞き同情します。

ダー子とリチャードに言い何とかしたいと伝える僕ちゃん。

そしてピカソの贋作を城ケ崎に売りつけるはずでしたが城ケ崎が贋作と見抜き失敗してしまいます。

贋作がダメなら作家を偽ればいいと思いついたダー子。

今度は卵農家の男性を評価されないままなくなった画家だとでっちあげます。

撮影した写真にゴッホ風のエフェクトを加え、城ケ崎はまんまと騙されてしまいました。

今度の標的は映画オタク

食品メーカーの工場長宮下は自社の缶詰製品が国産と偽り実際は外国産の材料だということをどうしても許せなかった。

社長の俵屋(佐野史郎)はそのことを悪びれず「告発するのか!するならしてみろ」と脅すのだった。

道端で酔いつぶれた宮下を発見したダー子。

宮下が落とした厚生労働大臣宛の手紙をダー子は持ち帰りリチャードに達に見せる。

そこには俵屋の鰻の産地を偽装する告発内容が書かれていた。

ダー子は早速調査。リチャードなどに報告。

社長は典型的なお坊ちゃんで2代目社長。

恫喝、セクハラは日常茶飯事だった。

そしてそんな社長が愛するのは映画。

学生時代は演劇部に所属していた。

配達員に成りすましたリチャードは俵屋の自宅のポストにある月刊キネマと同じ偽物をすりかえる。

そのすり替えられた月刊キネマに掲載された記事に目が留まる俵屋。

俵屋はその記事の銀座カフェスワソンに訪れた。

しかしこの店舗も実はダー子たちが用意した空き店舗。

店員に扮したダー子が俵屋を迎える。

俵屋は勝新太郎が愛したカツサンドを注文する。

そしてダー子はそこに登場したリチャードと一緒に映画関係者だと語る。

俵屋はすっかり信じて・・・・

5話ネタバレ

悪徳理事長と偽スーパードクター

野々宮総合病院。

若いスーパードクター新(永井大)とその母親理事長野々宮ナンシー(かたせ梨乃)

知名度とイメージ戦略で成功していた。

その病院に急性虫垂炎で入院したリチャード。

スーパードクター新に手術してもらえると期待していたのに担当は外科医の田淵。

しかし田淵はリチャードの手術を成功させた。

そして1か月後田淵が道路工事しているところを通りかかった僕ちゃん(東出)が

事情を聴くと田淵は医療過誤で病院を解雇されたという。

その黒幕は理事長ナンシー。

スーパードクターの新は実は手術技術はほとんどなく、難しい手術を成功させたのは実は田淵。

そこで田淵の手柄を横取りし新はそのスーパードクターの名を手にしていた。

しかしあまりの薄給に堪えかねた田淵は他の病院に移ることを希望。

しかしナンシーはそこでありえない医療過誤をでっちあげたのだ。

結果どこも受け入れてもらえず、病院を辞めざるを得なかったのだ。

そしてナンシーは賄賂を受け取りその額で患者をランキング。

ベッドが満員になると金額の安い患者から追い出していた。

そしてその金でホストなどで遊んでいたのだ。

許せない!と僕ちゃん。

リチャードも批判。

そこでダー子は僕ちゃん偽医師にし、病院へ送り込む作戦をとった。

僕ちゃんが早速野々宮病院へ。

そして偽の経歴に感動したナンシーは即仮採用。

そして正式な契約はオペの腕を確かめてからと言った。

そして僕ちゃんはナンシーに声がかすれているけど大丈夫か?精密検査を勧める。

しかしナンシーはいたって健康。

そこで五十嵐が用意した偽の診断結果とナンシーの結果を入れ替えたダー子。

ナンシーは胸部大動脈を患っていることになった。

そこで僕ちゃんはナンシーは田淵を戻すに違いないと思ったが、ナンシーは僕ちゃんの恩師に執刀を希望。

そもそも実在しないので困った僕ちゃんはダー子に相談。

ダー子は日系スーパードクターナオミに変貌。

ダー子はオペしなければならず、医学書やブラックジャックなどのコミックで猛勉強する。

そんな中手術当日を迎える。

スーパードクターナオミを筆頭に五十嵐や外国人医療チームがナンシーの病室を訪れ・・・・

6話ネタバレ

ある山あいのある村を自転車旅行で訪れた僕ちゃん。

静かな雰囲気に癒され、ラーメン店主が出した素朴なラーメンに感動していた。

その帰りに物産館の建設予定地を訪れた僕ちゃん。

その建設をラーメン店主は楽しみにしていたのだ。

その2年後、再びその村に訪れた僕ちゃんは仰天。

実はそのふれあいモールの建設は頓挫してしまい廃棄処理地の建設になっていた。

今回ふれあいモールの建設を計画していたのはアメリカ帰りの有名コンサルタント斑井満(内村光良)。

どうやら彼は同じ手法でタダ同然で買い取った土地を売り儲けていたのだ。

僕ちゃんはすぐにダー子などに相談。

しかしダー子は自分たちはボランティア団体ではないと主張。

そして眠そうなダー子はあるヒントを呟く。

そこでひらめいた僕ちゃんはリチャードのコレクションから貴重な縄文時代の土器を借り、建設作業員として潜入。

斑井満(内村光良)に「掘ってたら、こんなものが出ました・・・」と土器を見せた。

すると彼はいきなり土器をたたきつけ、足で踏みつけたのだ。

そして土になってしまった土器。

僕ちゃんはその土をアジトに持ち帰った。

ダー子はそれをみて俄然やる気が出たのだった。

斑井満(内村光良)の口癖は老人はちょろい。年寄りに耳触りが良い言葉で騙し、活性化を装い土地を購入。

そして計画を潰し、お金を儲けていた。

斑井満(内村光良)に対抗し、建設予定地に本当に土器があると思わせるにはどうすればいいか?と考える3人。

ダー子たちはそこで大量の土器が必要と判断。

縄文時代の土器を手作りし、想像以上のものを作った。

そして予定地にはダー子たちが仕込んだ土器が発掘され・・・

叩き割ろうとする斑井満(内村光良)に「まだまだ出るかもしれません大規模な遺跡の可能性がありますよ」といった。

「社長の名前が歴史に残るかも」という言葉に反応した社長。

早速大学の教授室に土器を持ち込む斑井満と僕ちゃん。

そのころダー子は考古学の本を読みふけって・・・・

7話ネタバレ

ある海辺に佇む与論要造(竜雷太)

そこに矢島に扮したダー子が訪れます。

理花なのか?と与論。

与論とずっと会ってない理花。

そして与論も偽物とわかっていません。

行く当てのない理花に与論は「またここで暮らせばいい」といいます。

今から数年前、あるバーにて。

本物の理花(佐津)と出会ったリチャード。

理花は夜の仕事をしていてスリまで手に染めてしまっていた。

そこでリチャードの財布を狙っていたのだが、逆にリチャードから財布をすられてしまうのだった。

理花はついに逮捕されてしまう。

理花の家財道具を預かったリチャードはそれをアジトに持ち運びます。

その中から理花の母の遺言を見つけたダー子。

理花は与論要造(竜雷太)と愛人であった理花の母とのあいだに産まれた娘だった。

そしてそこには10億円の証券が金庫にあると書かれていた。

早速ダー子は理花がいる刑務所にいきます。

そして与論の家のことを詳しく聞き、ダー子は理花に扮して潜入したのだった。

しかし理花は与論要造(竜雷太)を嫌い、遺産などいらないというのだった。

そして再びダー子は与論の家に。

ダー子が実は偽物ではないかと気づく弥栄。

ダー子の髪に白髪があるといい抜く。そしてその髪をDNA鑑定に。

するとダー子と与論要造に血縁関係があると証明された。

そんな中ヘタな芝居はやめろというようぞう。

ダー子は冷や汗をかくが、与論要造は「お前は昔から俺の血を一番に引いている」と言ったのだ。

察したダー子は・・・

8話ネタバレ

リチャードが通っているメンズエステ経営者福田はこういった。

「実は採用が決まったんです。ミカサロンに」

元モデルで女医の美濃部ミカが展開するミカサロンに採用が決まったとほのかは嬉しそうにリチャードに報告。

美濃部ミカは美容整形クリニック「ミカクリニック」開業後、ミカフーズ、ミカサロンなど次々に展開し美のカリスマとして活躍していた。

しかしつい最近ほのかから連絡があったというリチャード。

どうやらほのかはミカからパワハラを受けその様子を録音しミカを訴えたいと申し出たのだった。

ミカのパワハラは数か月前から始まった。

ぽっちゃり体型のほのかのことをミカは豚と蔑み、今日から豚田ブー子と呼ぶと宣言。

ほのかは罵声を数か月受け、精神的にやられてしまい退職した。

そして今や引きこもりとなってしまったのだ。

そこでリチャードはほのかのために慰謝料をミカから奪い取ることに協力してくれないかと申し出た。

こうして韓国コスメの定員に扮した僕ちゃんはミカに近づく。

僕ちゃんは韓国内で3店舗まで抱えることになり成功したことを伝える。

そしてミカブランドと提携したいと切り出す。

そして面白そうねというミカは好感触かと思いきやミカはきっぱりとその話を断った。

計画が失敗したリチャードは今度はダー子に依頼。

ダー子はフランスの老舗化粧品のシャルパンティエの娘カミーユに扮し近づくが作戦を変更する。

作戦変更したダー子はさえない女性を演じる。

そして街でミカの番組に出てくれないか?と勧誘を受けミカがメイクを施す番組に出演を果たす。

ミカにインタビューでいくつですか?と尋ねられダー子は40歳と答える。

肌がみずみずしいというミカ。

そしてダー子は楽屋でメイクを落とし化粧で整えそそくさと帰っていく。

その後部屋に訪れたミカはダー子の化粧水に気づく。「弁天水」とあった。

実はミカは売り上げに悩んでいた。そこで新商品が欲しいミカ。

ミカはダー子が残していった弁天水を調べさせ、手作りの化粧水だと気づいた。

山形から来たというダー子の話を思い出し、早速ネットで調べるミカ。

とあるオカルト雑誌に山形には住人すべてが美人村であると紹介されていたことを知り・・・

9話ネタバレ

アジトにてテレビ中継されているサッカー観戦で盛り上がっていた。

すると突然現れたちょび髭(瀧川英次)が許せねぇ!とIT社長桂公彦(小池徹平)に恨みを語る。

スポーツ好きなちょび髭は独立リーグの野球チームと下部リーグの地元サッカーを応援。

しかしどちらも桂社長に買収されて以来、桂が私情を挟んでチームに口出しするので破綻。

そして桂はそのとたんにチームを見放してしまう。

チームは今でも最下位で苦しんでいるのだ。

ダー子たちは次のターゲットを桂社長に定めた。

桂は人気アプリ「モスモス」の開発に成功し、若くして億万長者になった㈱モスモスの代表。

しかし学生時代に結婚した妻に暴力を振り離婚、道楽のようにスポーツチームを買いあさりダメにした。

近々プロスポーツ化になる卓球に桂が目をつけるだろうと思ったダー子たちは元中国ナショナルチーム選手に扮し「東京ジェッツ」に加入。

ダー子はチームに在籍する鴨井ミワとともに猛練習する姿を見せつけてアピール。

しかしこのことに桂は釣られなかった。

桂はこの話はなかったことにと帰ってしまう。

桂の情報収集をしている五十嵐は桂の本命は卓球ではなくバスケットボールでは?という。

そしてダー子は熱海をホームタウンとする架空のチームを作った。

熱海に向かったダー子は公園でチンピラに声をかける。

勝負して勝ったら楽しい計画に混ぜてあげるというが、ぼくちゃんがぼこぼこにされダー子たちは逃げた。

そのあと、街中でホームレス化している元日本代表候補の選手やケバブ売りの外人、アフリカンダンサーを引き入れ、さらにチンピラ3人も加え、偽のバスケ「熱海チーターズ」をつくる。

こんなの誰が信じる?と僕ちゃんはいうが、気にしないダー子。

とにかくアマチュアチームと対戦して勝てばいいというダー子。

街でたくさんの女性を連れて歩く桂にわざとぶつかる秘書風のダー子。

ダー子は持っていた熱海チーターズのビラを配る。

そして桂もそのビラを見た。

早速桂も食いつき、翌日見学に訪れた。

チーターズは圧勝し、桂はあっさり年間運営費2.5憶円を出したのだ。

そろそろ撤収した方がいいのでは?と僕ちゃんしかし、ダー子は欲を出し、3年間の運営費7.5億円獲得のため作戦継続を提案する。

ぼくちゃんたちはダー子に流されチーターズはリーグ戦に参戦、本当の試合をすることになったのだ。

しかし案の定結果はさんざんたるものだった。

そこに現れた桂はチームのメンバーを焼き肉屋に連れて行く。

そしてその後もチームはさんざんたる結果に・・・

しかし桂はなぜか上機嫌なのだ。

そこでダー子は2つの予測を立てる。

お金持ちがプロスポーツクラブに手を出すのは2つの理由がある。

ひとつはスポーツが大好き。2つ目は節税対策。桂は2つ目じゃないかと・・・

赤字事業が欲しい桂、これまでダメにしてきたのは強くなると困るから。

ダー子はこのまま負け続けようとチーターズに指示を出すのだ。

しかしその後、思いのほかチームはだんだんと盛り上がってしまう。

やる気を出したチームに顔面蒼白するダー子。このままだと3年間の契約金7.5憶円がもらえないかもしれない。

このままだと3年間の契約がパーになってしまう・・・・

しかし僕ちゃんは勝ちたいだけだ!と声を荒げる。そしてリチャードも・・・・・

するとダー子たちは桂に呼び出されてしまう。

そしてメンバーたちをすべて解雇し、ポンコツ選手を入れるようにダー子に指示するように・・・

そのことをチームのメンバーにいうダー子。

しかし本気のメンバー、チンピラたちも他にやることねぇんだよ、1勝でいいから勝たせてほしいといい、ダー子も心も揺れてしまい・・・

10話ネタバレ

アジトにて、騙しにかかった必要経費を計算するダー子とリチャード。

ぼくちゃんから隠し口座をいくらあるかと尋ねられダー子は5億、リチャードは10憶と答えた。

もう十分だろうと僕ちゃんはつぶやく。

僕ちゃんは足を洗うとアジトから去っていく。

1年後僕ちゃんはある引っ越し業者にてまじめに働き主任になっていた。

するとそこに新人として入ってきた鉢巻秀男(佐藤隆太)は控えめな男性だった。

鉢巻は半年前に結婚詐欺にあい親から相続した全財産を失ったという。

そして結婚相談所で出会った早苗と意気投合した鉢巻は結婚を約束するが早苗が両親の借金を理由に結婚を取り止めにしたいと切り出してきたのだ。

そして鉢巻は早苗の両親の借金を肩代わり。

すると早苗とも結婚相談所とも連絡が取れなくなってしまったというのだ。

鉢巻が描いた似顔絵をみた僕ちゃん。

それはダー子とリチャードの顔だったのだ。

僕ちゃんは鉢巻を早速アジトに連れて行く。

「この二人でしょ?」

すると鉢巻が口笛を吹き、数人の男性がアジトに乱入。ダー子たちはたちまち拘束されてしまう。

ダー子たちは拘束され、顔からすっぽり黒い袋をかぶせられた。

そして鉢巻はこういう。

「さて名乗り出てもらおうかな。誰が子犬なのか・・・・」

人をだます悪い癖のある悪い子犬を探しているという鉢巻。

そして自分にはもう一つ名前があるという。孫秀夫。中国名だ。

つまり鉢巻はなんとある薬の取引を行った組織の親分の息子だったのだ。

鉢巻が探しているのは薬の取引で鉢巻の父を騙した仲買人。

子犬は仲買人の通称だったのだ。

子犬の復讐を遂げたい鉢巻は父親から子犬の正体を聞き出そうと何度も試みる。

しかし騙されてもなお父の子犬への信頼は強かったのだ。

そして父はそのまま何も語らずに死んでしまった・・・

それは詐欺ではないというリチャード。

コンフィデンスマンでしょとダー子。

なぜ自分たちの情報が知れたのか???ダー子は悩む、しかし子犬という言葉で気づくダー子。

ダー子たちの情報を売ったのは五十嵐(小手伸也)だった。

電話からは五十嵐の声が聞こえた・・・

「すまない。みんな」

「3つあるもののうち探しているものを見つけるにはひとつずつ食べればいい」と銃を取り出しダー子たちに向ける鉢巻。

鉢巻は引き金を引こうとするが、ダー子は何も知らないと必死に訴える。

鉢巻はダー子にあまりにも人を騙しすぎたので本当の自分と嘘の自分を見失っていると指摘。

「人を騙すということは自分を騙すということだ」という鉢巻はダー子たちの本名もついに話す。

「フジサワヒナコ、ニシザキナオト、カマタキヨシ」

鉢巻はダー子たちの本名を知っていたのだ。

ダー子たちはついに表情が変わった。

鉢巻は最初の一人をカマタキヨシ、リチャードに定めた。

リチャードを寝室に連れて行く鉢巻。

リチャードの前に数枚の写真を差し出した、そこにはリチャードの元妻、娘だった。

知りませんと震えるリチャード。

もともとリチャードは宝飾品のセールスマンだったのだ。

そのうまい口先からトップセールスに上り始めた彼は売り上げを会社に渡すことが嫌になったのだ。

そしていろんなものを会社に黙って売りつけ詐欺師リチャードとなった。

鉢巻は銃をリチャードの額につける。

本当のことを言えば命を助けるという鉢巻。

次に呼ばれたのはニシザキ君。

僕ちゃんだった。

僕ちゃんの前には一人の女性の写真だった。

僕ちゃんの母親の写真だった。

なんでも買い与える母親だった。そして僕ちゃんの母親は詐欺師だったのだ。

そして最後に呼ばれたのはダー子。

ダー子の前に差し出されたのはダー子が育った児童養護施設の写真だった。

当時無口で友人もいなかったダー子。

少しはわがままになってもいいよという教諭の言葉から駄々っ子ダー子となる。

そして施設をでたダー子に目を留めたのがなんとぼくちゃんの母親詐欺師であるニシザキノブエだった。

ノブエから詐欺師のテクニックを学びすぐにその才能を開花させたのだ。

そこで仕方なく自分の生い立ちを話すダー子

「生まれた家はある・・・・」と涙ながらに話すダー子。

自分を捨てた親が自分を待ってくれているのでは?とい家を探すがその場所がわからずに自分は両親の顔さえもわからないと涙した。

そこで鉢巻も自分も生まれた場所はわからないと話だし・・・・・・

 

コンフィデンスマンjp動画第1話キャストは?

ダー子(長澤まさみ)

天才的な頭脳と抜群の集中力でどんな難解の知識も短時間でマスター。

過去の経歴は一切不明だが天涯孤独であるような発言もしている。

人に対して冷静な対応のリチャードに対し常にお金が第一優先な発言に叱責されるが過去の経験やトラウマで悪事に手を染める人に対しては更生させるなどし、決して相手を思いやれない人間でもない。

僕ちゃん(東出)

ダー子とリチャードと一緒に行動する詐欺師。

計画の全貌をリチャードたちに教えてもらえない上、お人好しで小心者。

詐欺師なんてやってられないといいまっとうな仕事を探そうとするもなぜかいつもリチャードたちに言いくるめられ戻ってくる。

リチャード(小日向文世)

ダー子たちと一緒に行動する詐欺師。超一流の変装技術をもちダー子同様に様々な格好で潜入する。

ゲスト(未唯)

ホストクラブの社長。

オーナーのダー子演じる夜桜の麗から大金を巻き上げるために丁半博打で対決する

ゲスト赤星(江口洋介)

公益財団あかぼしの会長。

表向きは慈善事業に勤しむ名士だが裏では地上げや賄賂などをやり、日本のゴッドファーザーともいわれる。

愛人宅の国税局のガサ入れなどを受け隠し財産20億を海外に移すことを決意。

コンフィデンスマンjp動画第1話視聴者の感想は?

第1話で女社長騙した後にボクちゃんが映画通りなのに気づかないもんだねえ?みたいなこと言ってたけど、映画ってこの最終回の袴田金田一のことだったのね!夜桜の麗が打たれた拳銃は血糊、警察は偽物の脱税社長、犯人は実は3人のグルってとこも含めて。

ボクちゃんの辞めたい発言が399回目って1話では400回目だったのに時間戻ってる?って思って早速1話を見返してるんだけどダー子が「日本に統合型リゾートが出来たら〜」とか「お医者さんごっこした仲じゃん」とか2話以降に繋がる発言してて時系列的には他にも色々ありそう。

時系列考察:10話→1話→8話→2話→6話→3話→4話→5話→7話→9話かなあ?

いやぁ、面白かった!どう終わるんだろう?と思ったけど、実はエピソード0で1話の冒頭につながるなんてなんてオシャレなんだ!さすが古沢良太!だから映画化決定のお知らせやメインキャストの副音声が事実上最終回の先週だったのかぁ。

今年放送されたドラマで1話から真剣に見たの長澤まさみのコンフィデンスマンJPだけだったな(笑) なんやかんで俺長澤まさみ好きな説ある(笑)

万引き家族の上映前にコンフィデンスマンJPの予告編が流れてて初めて見たんですけど、ドラマ版よりも本当にスケールアップしていて、2時間SPじゃもったいないクオリティだった。 第1話の例のマフィアが再登場してきて嬉しかったです。 竹内結子が強烈な仕上がりになってた。

第1話で女社長騙した後にボクちゃんが映画通りなのに気づかないもんだねえ?みたいなこと言ってたけど、映画ってこの最終回の袴田金田一のことだったのね!夜桜の麗が打たれた拳銃は血糊、警察は偽物の脱税社長、犯人は実は3人のグルってとこも含めて。

古沢さん素晴らしすぎる時系列めちゃめちゃやんて思ったらダー子がボクちゃんに「398回目!」て言っててやっとこれ1話に繋がってるのかと分かり結局映画化嘘か本当かも分からんしもう騙されすぎてほんとに何が本当か分からんくて楽しかった。目に見えるものが真実とは限らない。

とりあえずFODで全話観た。なにこれ。叫んだ!完全に騙された!もっかい1話から観たい!時系列が!!時間あるとき観よ。おもろすぎる!!

一生ダー子、リチャード、ボクちゃんの三人と子猫ちゃん達で部屋にお金ばら撒いて豪華な飯食って変なショー開催して次のお魚を見つけて馬鹿騒ぎしてそうやっていつまでも笑っててほしいな。この三人の詐欺って、ただの信用詐欺じゃないんだよなぁ。はぁ。なんか泣けちゃう。

コンフィデンスマンjp動画1話無料まとめ

コンフィデンスマンJP時系列があれ?って気づきましたか?

実は最終回から1話→2話・・・なのです。

コンフィデンスマンJPは1話から最終回まで全部FODで見放題です!

その他古沢脚本家のエイプリルフールズ、ミックス、長澤まさみさん主演嘘を愛する女、モテキ、その時は彼によろしく、タッチ、世界の中心で愛を叫ぶなど見放題!

初回2週間無料でお試しできます!!

 

まずは無料でお試し!FOD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です