ストロベリーナイトサーガ重岡大毅実は苦労人だった!

ストロベリーナイトサーガがいよいよ4月から始まりますね。ジャニーズWESTの重岡大毅さんが出演し早くもネットでは話題になってますが重岡大毅さん実は下積み時代の苦労話が泣けますね。


ストロベリーナイトサーガ重岡大毅Twitter反響!

ストロベリーナイトサーガ重岡大毅実は努力家だった!

ストロベリーナイトサーガに出演することになった重岡大毅さんですが2017年ポポロという雑誌でジャニーズ時代の苦労話をこう語っていました。

関西の実家に帰省して家を掃除した際に、雨戸にガムテープの後を見て思い出した。あの頃はよく雨戸にゴミ袋を貼って練習していたなとおかんに言われた。一気に当時の記憶がよみがえりました。家にでかい鏡がなかったので、黒の大きなごみ袋を雨戸に貼って、黒だと光が反射して自分が写るのでよく見える。それと夜、窓ガラスに映る自分を見て練習してました。

何とも涙ぐましい努力ですね。

さらにジャニーズ入所時はダンスがうまく踊れなくて、猛練習したそうです。

最初は他人からどう見られているのか?常に気にしていたという重岡大毅さん。

「こう見られたい。こう見られないといけない」と常に他人の視線を気にしていたといいます。

しかしデビューがきっかけで自分の考えが変わったのだとか。

アイドルだけど、自分らしくいたい!そう思えるようになったんだそうです。

ストロベリーナイトサーガ重岡大毅まとめ

ストロベリーナイトサーガでは前髪をパッツンと切った重岡大毅さん、どんな演技を見せてくれるのか?楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です