【見逃し配信】下町ロケット動画1話から無料視聴!

池井戸潤さんのドラマ「下町ロケット」ですが1話から見逃してしまった場合の無料視聴方法を紹介。無料で見れる動画サービスを紹介します。

\今なら2週間無料/

無料paravi

下町ロケット動画1話からの見逃し配信

ドラマ下町ロケットの見逃し配信は以下になります。

動画 見逃し配信
paravi
U-NEXT
FOD
dtv

paravi

ドラマ下町ロケットは通常版、SPともに動画配信サービスparaviで見放題できます!

通常月額1017円ですが初回無料!!

つまりドラマ下町ロケットが見放題できます。

 

\今なら2週間無料/

無料paravi

見放題できる池井戸潤作品

半沢直樹

2013年度版は最終回で視聴率42%を超え驚異的な記録を遂げた。同時期に話題だったビューティフルライフを超え当時話題になった。そして2020年再び続編として話題に。最終回は32.7%だったが総合視聴率は44.1%。キャストの演技はもちろん、裏切らない面白さ。2020年も倍返しだ!おしまいDEATHなど話題に。まだ見ていない方は必見。

 

陸王

陸王では最終回の視聴率は20.5%。会社の再起をかけた男たちの熱いドラマ。負けたまま終われない、そんな男たちのドラマである。内容は実に地味だが役者の演技が光る。主演は役所広司さん。どちらかというと映画役者という感じだが、不器用、でも人柄の良さと諦めない強さが滲み出て光っていました。

\今なら2週間無料/

無料paravi

下町ロケット動画1話から視聴者感想

30代女性

阿部寛さんが小さな下町の工場でもくさらずに夢に向かって突き進んで行く姿は見ていてこちらまで勇気や元気をもらえる作品です。大きな会社はお金や地位で自分達のいいように仕事を進めようとしますが、そんな力には負けずに真っ正面からたちむかっていき、しぶんたちの確かな技術力で、大手にも負けず、ロケットの部品を作る姿、ロケットが飛び立つ最終回は最高に感動しました。やればできる。そう思えるドラマです。

40代女性

これこそ日曜の夜に見たいドラマです。佃航平が社長なら超過勤務も楽しいだろうな…物を創る人たちってすごいと素朴に思う。あの小さなバルブは私たちだ。ガウディで救われた子供たちがやがて未来を築き、ランドクロウで作られた食糧が命を支える。営業が足で信頼と情報を集め、総務が社員を支えるため物資と資金を調達する。技術者だけで会社は回らない。そして会社も、産業も、一社では成り立たない。印象的なのはやはり、帝国重工の財前さん。冷たい合理主義者のエリートかと思いきや、熱い心の漢だった。佃航平とのタッグ最強!

30代男性

ロケットがテーマになりますが、視聴者にも分かりやすく説明してくれているので頭にスーッと入ってきます。中小企業に焦点をあて、技術力や維持・プライドを持って敵対する大企業に屈すること立ち向かっていく姿は胸が熱くなります。ぜひこの時代だからこそ見てほしいです。ストーリーもさることながら、出演されているキャスト陣の演技力の高さも必見です。原作を読んだ方も、読んでいない方も楽しめるドラマになっています。

50代男性

同じ製造業に身を置く者として、企業の規模や業種に関わらず最も大切なのは技術力であることを改めて実感することができ、実験を重ねながら新製品を開発・量産化するシーンは自身の技術者としての過去を思い出させてくれて大変共感できました。
ロケットエンジン部品開発やトラクターのトランスミッション開発も楽しめる内容でしたが、個人的には心臓の人工弁を開発する「ガウディ計画」が一番好きでした。前作で会社を辞めてしまった真野(山崎育三郎)が恩返しでこの情報を提供するなど、人間味にもあふれるドラマでした。

40代男性

このドラマは、池井戸潤さんの原作をドラマ化しているだけあって、さまざまな難局に直面するも、社員とともには打開策を見つけ乗り越えていくという展開は、ドキドキするも最後は爽快感が得られるドラマです。夢を諦めなければ、下町の中小企業であっても、夢を実現させられるのだという勇気と希望をもらえるストーリーです。主演の阿部寛さんの熱い演技には心が打たれます。帝国重工の財前部長を演じる吉川晃司さんもとても魅力的な存在感を示しています。

40代男性

このドラマを見た印象は今の時代に失われているものが、このドラマには集約されているのでは無いのかなと見ていて思いました。最近の世の中は効率を重視して人を育てる事が軽視されているように感じてしまう事があるのですが、このドラマに出てくる町工場の会社を
見ていると、最近失われていた古くからあった日本型企業の良さを再認識させられたなと見ていて感じました。そしてそれを維持していく為には人が重要なんだなと見ていて感じました。

40代男性

池井戸作品ではもはやお決まりの展開ですが途中まであまりに理不尽でイライラすることが多くてもやはりラストはとても爽快な気分になりました。大企業と衝突しながらも度重なる困難にくじけることなく目標に向かって着々と技術を磨いていく姿を見ているととても頼もしかったです。下町工場のサクセスストーリーとして有名な本作ですが職種に限らず感動を与えてくれますし、自分の仕事や同僚との関係を良い意味で見つめ直す機会にもなりました。もし自分の仕事で悩んでいる人がいたらぜひ見て欲しいです。

20代女性

一言で言うと熱くなれるドラマでした。中小企業、大企業の違いを見せつけられましたが、どの立場の人でも夢を持っていいと感じさせられました。ひとつの観点からではなく様々な人からの観点が見れて面白かったです。私は文系なので技術の面では難しいところもありましたがなんといってもラケットが飛ぶシーンはとても興奮しました。韓国ドラマのようなストーリーのテンポが良く、見終わった後はスッキリしている自分がいました。

30代女性

タイトルにあるように、下町の工場がロケット(のエンジン)を作るという夢のある内容が好きなストーリーです。逆境に負けないように奔走する主人公をはじめとする工場のメンバーたちが、見ていて楽しくなります。
町工場と大手会社とのわかりやすい戦いの構図が、ストーリーを更に昇華させています。配役に今田耕司さんやバカリズムさんなどのお笑い芸人を起用しているんですが、とても味のあるキャラクターになっていて、おすすめできるドラマです。

30代男性

下町ロケットはこれぞ池井戸潤作品、勧善懲悪のわかりやすいドラマです。
日曜日の夜、「明日から仕事だ」と憂鬱になっているお父さんが見れば、スカッと気持ちよく仕事に行けるようになるかもしれません。
正しいことを貫き通すことが難しい世の中ですが、このドラマを見ると元気をもらうことができるはずです。
「最後は必ず正義が勝つ!」という信念を持って見ることができるので、内容が急展開するほどどうやって切り抜けるのかテンションが上がります。

30代男性

色々な困難に立ち向かう下町の工場で大企業を相手に様々な問題を解決していく姿がとても素晴らしいです。会社というかチームというような感じで、内部でのいろんなぶつかり合いはあるものの、そのぶつかり合いによってお互いを認め合っていくうちにチームとしての力も上がっていく様子は日頃の仕事に活かしていかないといけないなと思う部分もあり、仕事へのモチベーションも上がります。こんな会社で働いてみたいです。

30代女性

下町の錆びれた製作所が、さまざまな困難を力強く乗り越えていくストーリーには感動させられました。社長の佃航平が7年前の無念を晴らし、ロケット打ち上げを成功させる夢をこちらもつい熱くなって応援してしまいました。佃の足を引っ張る邪魔者も幾度となく現れて、こちらも憤りを感じるほどでしたがそんな時でも佃は弱音を吐かない。社長としても、父親としても立派な存在でした。佃が窮地に達してしまったときに、殿村が佃に掛けたことばも目頭が熱くなるものがありました。

40代男性

下町ロケットは、大手企業などに翻弄される中小企業の現実を描いていて、興味深い感じの内容に仕上がっていて、見ごたえのある作品だと思います。そして、その中で夢を持ちやり遂げることの重要さを描いていて感動的です、なんといっても、阿部寛さんの役に入り込んで演じている情熱的な演技が素晴らしいと思います。どんな困難に立ち向かっても、絶対に諦めない姿勢が素晴らしいと思います。

\今なら2週間無料/

無料paravi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です