【全話無料】真田丸動画YouTube?U-NEXT?TSUTAYA?

堺雅人さんが主演を演じた2016年放送のNHK大河ドラマ「真田丸」ですが、三谷幸喜さんが脚本を担当されたことでも話題になりましたね。そんなドラマ「真田丸」を無料視聴方法を紹介します。

 

30日間無料キャンペーン中

TSUTAYATVディスカス

真田丸動画予告

真田丸動画YouTubeなど

YouTube

真田丸見逃し配信はどこ?

NHK大河ドラマ「真田丸」ですが、どの動画サービスで見逃し配信しているか、探しました。

動画 見逃し
TSUTAYATVディスカス
U-NEXT ×
Amazonprimeビデオ ×
dtv ×
paravi ×
hulu ×

TSUTAYATVディスカス

大河ドラマ「真田丸」ですが、TSUTAYATVディスカスで借り放題できます。

TSUTAYATVディスカスでは月額2417円のコースが初回30日間無料でお試しできます。

その期間は新作除く対象作品が借り放題できます!

DVDだけでなくCDも無料期間に借り放題できます!

自宅にDVDが届き、返却は近所のポストでOKです!

また延滞金もかかりません。

大河ドラマ「真田丸」ですが旧作なので借り放題できます!

つまり無料期間に視聴すればお金を払わずに楽しむことができます!

その他堺雅人さん出演の他の作品が借り放題できます!

半沢直樹

ツレがうつになりまして

リーガルハイ

ゴールデンスランバー

鍵泥棒のメソッド

その夜の侍

ひまわりと子犬の7日間

DESTINY鎌倉ものがたり

大奥

日輪の遺産

30日間無料キャンペーン中

TSUTAYATVディスカス

真田丸動画の見どころ!

主演に抜擢された理由

大河ドラマ「真田丸」ですが、真田幸村に抜擢されたのは演技俳優の堺雅人さん、脚本家は三谷幸喜さんですが、実は彼を抜擢した理由が3つあるんです。一つ目はキャラクター性。真田は非常に熱血漢の男性ですが、この男性のイメージが堺雅人さんピッタリだったそうです。大河ドラマは1年という撮影で非常に気力も体力も問われる大役ですが、その両方を兼ね備えていると三谷さんは堺雅人さんを起用したそうです。また歴史的な人物を演じる際に必要なのはそのキャラクターに命を吹き込み、まさに再現しなければなりませんが、役柄に常に真摯に向き合う堺雅人さんを三谷さんは以前から見染めていたそうです。三谷と堺さんは実は新選組依頼のタッグ、12年目の再会でしたが、信頼関係があり、ぜひお願いしたいとのことだったそうです。また三谷さんといえば、大河ドラマというよりもコミカルな映画などが印象的ですが、大河をやる上でこけたくない、成功させたいこともあり、堺さんならという絶大な期待があったようです。

黙らせる室賀のセリフ

大河ドラマ「真田丸」といえばこの人、「黙れ小童」ととにかく叫ぶシーンがお決まりでしたが、真田VS室賀のシーンがお楽しみ&お決まりでしたね。室賀はとにかく真田家を嫌います。草刈正雄さん演じる真田とは犬猿の仲でした。

さらに真田昌幸の長男である、信之(大泉洋)さんを事あるごとに罵倒します。大河のイメージがない大泉洋さんですが、罵倒された後の顔芸が笑えましたね。この人は天性的にお笑いの要素が表情にも隠れています。

清水ミチコさんがハマり役

大河ドラマ「真田丸」ではあの清水ミチコさんが登場してました。この方が出るとモノマネを想像させてしまいますが、大河ドラマ「真田丸」では旭姫。豊臣秀吉の異父妹です。秀吉に強制的に離婚させられ、家康の正妻に強引にさせられたのです。この時44歳でした。また愛妻家の夫は自刀。家康は旭姫を優しく扱いましたが、癒えることがありませんでした。そして不服そうなお顔。清水ミチコさんピッタリですが、この時多くの視聴者が笑ってしまったのではないでしょうか。そこまで長い出演ではなかったのですがものすごい存在感でした。

長澤まさみとキス

真田丸の最終回ではなんと長澤まさみさん演じるきりと堺雅人さん演じる真田丸がキス!!実はこのシーンはアドリブでした。いきなりのキスにびっくりしたようなきり。堺雅人さんといえば大奥でも菅野美穂さんとのラブシーンがありましたが、肉食系男子だったのか!と思わず叫んでしまうほど視聴者もドキドキのシーンでしたね。

実はアドリブ合戦だった?!

大河ドラマですが、実はアドリブが多かったとも話題になりました。脚本は三谷さんとのことでこのアドリブは意図的だったんでしょうか?真田丸第35回では大泉洋さん、草刈さん、堺さんの犬伏の別れんシーンがありますが、このシーンではカットがかかるまで何とアドリブだったそうです。

第37回では烏帽子岳シーンでアドリブのセリフを付け加えた堺さん、早速このまま採用されたようですね!

 

星野源も登場

徳川秀忠にはあの星野源さんが登場しました!!この秀忠ですが実は情けないエピソードが!あの関ヶ原の戦いに遅れてしまったというのは有名ですが、その他にも家康を怒らせてしまったエピソードがあります。大阪の陣では今度こそは遅延しないようと全速でやりますが、そこでまた怒らせてしまうんですね。しかしこの役にあの星野源さんが演じ、非常に注目を浴びました。演技は大河ドラマは慣れていないはずですが顔が妙にピッタリ。さらにあの逃げ恥でも家事分担の合戦では戦いを彷彿させるかのような粋な計らいでした。そして情けない秀忠ですが大河ドラマ「真田丸」最終回では満面の笑み。逃げ恥でも笑みでしたね!

星野VS藤井

さらにあの藤井さんもこの真田丸に登場していたんです。そして星野源さんと闘うシーンもあり!!二人は逃げ恥でも共演してましたが、逃げ恥ではこういった施策もあったのでしょうか?

30日間無料キャンペーン中

TSUTAYATVディスカス

真田丸動画視聴者感想

30代男性

三谷幸喜さんの脚本のドラマはどれも面白いのですが、大河ドラマでの脚本は今回で2度目という事もあって安心して見る事が出来ました。所々に笑わせてくれるシーンがいくつもあり、硬い話になりがちなドラマにとって一瞬でも和むことが出来ました。役者さんの演技力もあり、それぞれのキャラクターが際立っている所が良かったです。一つ残念なのは主要人物の亡くなった事の説明がナレーションだけという所が大雑把過ぎたと思います。

30代男性

本作品は、三谷幸喜脚本、堺雅人主演とのことで期待していました。結果、期待を裏切らない作品だったと思います。歴史上の人物の物語だと、結末が決まっているのでストーリーでいかに結末までを楽しませるかが重要になってくるかと思うが、真田丸は緊張感や笑いもあり最後まで楽しめる作品でした。最終回を見終わったあとは、大河ドラママラソン?を感想したかのような達成感もあり非常に満足のいく気持ちとなれました。最終回後は真田丸ロスのような悲しい気持ちもありました笑

40代女性

キャラクター一人一人の性格が濃くて、把握しやすかったです。
大河ドラマといえばお年寄り向けの合戦時代劇というイメージを持つ人も多いと思いますが、この作品はそうではありません。
脚本は三谷幸喜氏、俳優も主演の堺雅人氏をはじめ、兄役に大泉洋氏、忍者の佐助は藤井隆氏など、若者に広く親しまれている人が起用されています。
父役の草刈正雄氏の毛皮をまとったファッションや「このこわっぱがー!」というセリフはネット上でも人気を博し、私もとても面白く見ていました。

40代男性

個人的に、真田信繁の父にあたる真田昌幸の空気感が残念でした。智将・謀将というイメージとはちょっと違うかなと感じたので。その分真田信繁はイキイキとしていたように感じますね。特に秀吉に仕える事になってから、真田昌幸の倅ではなく信繁自身を評価してもらえるようになりましたし。こういう経緯があったので大谷吉継の娘をもらえたのかとわかりましたし。あとは大阪夏の陣や冬の陣をもう少しクローズアップして欲しかったですね。全体的には満足していますけど、ここが信繁一番の見せどころでしたから。

30代女性

堺雅人演じる真田信繫が主役ですが、実際は草刈正雄演じる真田昌幸と大泉洋演じる真田信之の3人のトリプル主役のドラマです。特に草刈正雄は、真田太平記で真田幸村を演じているので、当時を知っているファンは必見です。目を離せないストーリー展開はもちろんのこと、三谷幸喜作らしく、ドラマの随所に有名な映画や演劇のパロディーが盛り込まれているなど、遊び心も満載でした、大河ドラマの中でも見どころだらけの逸品だと思います。

30代女性

真田2代の活躍がコミカルで軽妙なので、大河に興味がない人にこそ相応しい大河ドラマです。歴史好きとしては、昌幸と武田の関わりが描かれたこと、信之がしっかり縁の下の力持ちだったところに非常に好感を持てました。奔放な父と弟を支える兄の図が、毎回コミカルに出てくるので、真田兄弟頑張れ!って思えます。戦シーンも当然勇猛な真田家ですが、それ以上に知能戦で大大名を翻弄した側面が見れるので、真田家のイメージが変わるかも知れません。

30代女性

とても豪華なドラマだったと思います。演技力のある俳優さんが沢山出ていたと思います。大泉洋さんの堺さんのお兄さん役やちょい役の徳川家忠に星野源さんが出ていたりしています。物語は大河ドラマとして王道のストーリーですが、毎回必ず見所のある飽きないドラマでした。最終回は星野源の「父上~」と叫びながらの登場でした。星野源さんのちょい役の意味が最終回で分かりました。犯罪者が出てしまったのでテレビで見られないかと思うととても残念です。

30代男性

戦国時代の偉人の中でも特に人気がある真田幸村の人生がテーマでしたが、底抜けに明るいキャラクターが他の偉人にはない魅力的な部分を表現していてずっと面白かったです。前半部分の色々な大名の人質になりながらも腐ることなくあらゆる知識を身につける様は、最後に徳川家康をあと少しまで追い詰めるまでになったもののふの姿へとつながっていると感じました。堺さんの俳優としての才能と真田幸村の策士としての才能がマッチしていました。

40代男性

大きな勢力の狭間で必死に生き残りを図る真田家を中心に戦国末期の勢力争いの変遷を描いた骨太のドラマでした。主役の真田幸村をを演じた堺雅人さんの飄々とした演技と義理に厚い幸村の人柄がうまく嵌り最後まで飽きさせない作りは見事でした。周囲の登場人物も皆個性的で誰が中心的役割を担ってもいいような豪華布陣だったと思います。歴史上の有名人が一堂に会すシーンも多く歴史ファンも満足のいくような演出はすばらしいです。戦シーンは小規模なら問題なかったのですが、大規模だと粗が見えてしまうのはしょうがないでしょうね。

30代女性

三谷幸喜さん脚本だったためか、笑いどころが多く親しみやすい印象を持った大河ドラマでした。親しみやすく描かれる中にも戦の残酷さも描かれており、それによって動く国の様子や命の尊さなど、現在の生活とはかけ離れた時代風景により当時の厳しさを感じることができました。厳しい状況が描かれた中にコミカルさを含んだシーンがホッとできる瞬間となっており、三谷さんの脚本力の素晴らしさを感じました。登場人物が亡くなりロスとなってしまう大河ドラマは初めてで、入り込んで見れた作品でした。

40代女性

初めは戦国時代を描いた大河ドラマとしては重厚さが足りず、軽い雰囲気に違和感を覚えることもありましたが、物語が進むにつれて、そのセリフ回しのテンポのよさとストーリー展開の上手さにどんどん引きこまれていきました。戦国時代物というと、武士が堅苦しい言葉で話したり、刀で切りあうシーンを想像しますが、「真田丸」では、そういった武士らしさだけではなく、武士や農民の日々の暮らしや心情についても軽やかに描いていて、親近感が持てました。

50代男性

戦国時代の武将、真田幸村を中心に父の真田昌幸、兄の真田信之などの真田一族や家臣たちをめぐる物語が面白かったです。城郭のセットや合戦シーン、登場する武将たちの鎧や兜など戦国時代好きには見どころがたくさんあると思います。三谷幸喜さんの脚本でおトボケやコミカルなやりとりなども多く戦国時代に詳しくない方でも楽しめる作品だと思います。同じNHKで以前に放送されていた「真田太平記」とはまた違った真田幸村が見れると思います。

30代女性

三谷幸喜脚本で所々にコメディタッチな部分はありましたが、戦国武将アンケートで好きな武将の常に上位くる真田幸村の半生を描いた作品です。真田幸村の事だけでなく父の昌幸の謀略や兄の信之とのやり取り、豊臣秀吉にどんな風に仕えていたか、徳川家康との確執がなぜおきてしまったか等を三谷幸喜らしく時々面白く描いていいます。真田幸村といえば「赤備の鎧」として有名ですが、所々にある戦のシーンは印象的でした。最後の戦に敗れて打ち取られるシーンは悲しかったです。

60代男性

真田丸の前編は、真田正幸の戦国時代の生き様を描いたのですが草刈正雄が演じる正幸に迫力を感じました。弱小国の頭領となり戦国の世を生き延びるために何をすべきなのかを、見事に演技できたのではないかと思います。(特に徳川との戦いに対する戦は、身を切って骨を切る戦いが見事でした)。後半は真田幸村が豊臣家に加勢して(正幸の教えに従い、真田家を残すためには、兄は徳川へ、弟は豊臣と、真田の戦略上やむを得なかった)が、幸村はもともと反骨精神が強いので、強い武将に命がけで挑む姿に感動していました。

 

30日間無料キャンペーン中

TSUTAYATVディスカス

真田丸動画反響

真田丸動画まとめ

大河ドラマ真田丸は今では見れない、キャストの演技が見れ非常に貴重ですね。個人的には大泉洋さんの登場と、清水ミチコさんの登場シーンが好きです。

堺雅人さんの演技は言うまでもありませんが他の方の演技も素晴らしく見ごたえがあります。

TSUTAYATVディスカスですべて借り放題できます!

ちなみに真田丸はここでしか見れません。

Pandoraなどで探しても見れない場合はTSUTAYATVディスカスで!

只今無料キャンペーン中です!

30日間無料キャンペーン中

TSUTAYATVディスカス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です