【全話無料】半沢直樹動画7話無料視聴方法!

半沢直樹動画7話の無料視聴方法、さらには7話ネタバレ。またYouTubeなどの無料視聴方法も紹介します。

 

半沢直樹動画全話見逃し情報!

 

半沢直樹動画全話無料視聴方法は?

半沢直樹ですがTBSドラマなのでparaviで見れるかと探してみましたが、ありませんでした。

現在見れるのは下記の動画リンクとなります。

YouTube

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話

 

dailymotion

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話

Pandora

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話

 

半沢直樹動画7話ネタバレは?

 

伊勢島ホテルの経営再建と金融庁検査の対応を任された半沢(堺雅人)。

金融庁検査当日、東京中央銀行にやってきたのは、なんと大阪スチールの一件で半沢と相まみえた元・国税局査察部統括官の黒崎(片岡愛之助)でした。

国税局から金融庁に戻り、東京中央銀行検査の主任検査官となった黒崎は、次の聞き取り調査までに、120億円の損失補填案を提示しなければ、伊勢島ホテルは実質破綻先として分類し、引当金を積んでもらうことになると言い残して帰ります。

半沢は、資金運用の損失を隠しながら、200億円の融資を引き出すには大物の黒幕がいると考え、その人物を探し出すとともに、120億円の損失を補填するために、伊勢島ホテルの「聖域」と言われる不動産に手を付けるように社長の湯浅(駿河太郎)に進言します。

一方で、半沢は京橋支店の支店長・貝瀬(川原和久)に会いに行き、伊勢島ホテルが120億の損失を出した証拠となる古里が作成した報告書のコピーを渡します。

証拠を突きつけられた貝瀬は、白状するも、命令した上司については話しません。

しかし、半沢が帰った後、貝瀬は常務の大和田(香川照之)に電話をしますが、大和田は貝瀬の一存でやったことだろう?と答えるのでした。

その頃、タミヤ電機に出向し、半沢の力添えでヤル気を取り戻した近藤(滝藤賢一)は、決算書類を見て不穏な表情を浮かべていました。

父である会長の説得をできずにいる湯浅でしたが、半沢の進言により「聖域」の1つ美術品を売って、なんとか120億円の余剰金を用意することに成功します。

そのことを、金融庁の黒崎に提示すると、今度は伊勢島ホテルが経営再建の鍵となる予約システムの開発を任せていたナルセン・エンジニアリングが、特許侵害で提訴され破綻寸前だと言うのです。

驚愕する半沢は、伊勢島ホテルに駆けつけると、そこには、湯浅を退陣させ、新しい経営体制としようとする、専務・羽根と、大和田常務の姿が・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です