【全話無料】半沢直樹動画6話無料視聴方法!

半沢直樹動画6話の無料視聴方法、さらには6話ネタバレ。またYouTubeなどの無料視聴方法も紹介します。

 

半沢直樹動画全話見逃し情報!

 

半沢直樹動画全話無料視聴方法は?

半沢直樹ですがTBSドラマなのでparaviで見れるかと探してみましたが、ありませんでした。

現在見れるのは下記の動画リンクとなります。

YouTube

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話

 

dailymotion

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話

Pandora

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話

 

半沢直樹動画6話ネタバレは?

 

半沢(堺雅人)が東京中央銀行営業第2部次長となって1年が過ぎていました。

半沢は、常務の大和田(香川照之)の誘いを受け、会食することになりました。

大和田は、大坂時代の半沢が5億円の回収に成功した当初から、半沢に興味を抱いていたのです。

実は、この大和田こそ、半沢の父親を自殺に追いやった銀行員だったのですが、半沢が自身の出身が金沢で、実家はねじ工場をしていたことを話しても、大和田は一つも覚えていない様子に、半沢は激しい怒りを覚えます。

ある日、半沢は、部長の内藤(吉田鋼太郎)から、老舗ホテル「伊勢島ホテル」の経営再建と、近く行われる「金融庁検査」への対応を任されます。

伊勢島ホテルは、長い間、業績が低迷していて、東京中央銀行が200億円の融資をしたのですが、その直後に資金の運用を失敗したことで、120億円の損失がでることが分かったばかりでした。

あまりに大きな案件のため、半沢は自分には無理だと訴えますが、頭取(北大路欣也)直々の指名だというのです。

その理由が分からないまま、半沢は伊勢島ホテルの経営再建のために調査を始めます。

調査を進めていくと、東京中央銀行が200億の融資をする前に伊勢島ホテルの経営が上手くいっていないことを内部告発した人間がいたにも関わらず、その情報がもみ消されていたことが分かりました。

しかし、伊勢島ホテルのもう一つの取引先・白水銀行は、その情報を掴み融資を回避していたのです。

半沢は当事の自行の担当者、東京中央銀行京橋支店の古里(手塚とおる)のところに出向き事情を聞きますが、古里は白を切ってばかりです。

それどころか、半沢のやり方を本部に報告することだってできると脅しにかかる古里に、半沢は「やれるものならやってみろ、ただし、後であんたの不正がわかったときには容赦はしない。倍返しだ。」と宣言すると、京橋支店を後にしました。

同時に、古里のクラスだけで、この大きな案件は扱えないと、裏で手を引く大きな影に想いをめぐらす半沢。

そこに、伊勢島ホテルの湯浅社長(駿河太郎)が半沢の元を訪れてきます。

湯浅は、120億もの運用損失と報告の遅延を詫びますが、半沢もそれは専務の羽根(倍賞美津子)の仕業だと分かっています。

半沢は、それでも詫びる湯浅に、ある頼み事をするのでした。

伊勢島ホテルの経営不振を内部告発した戸越(小林隆)が居酒屋で飲んでいるもとに、古里がやってきます。

呼び出しに不平を漏らす古里に、戸越は金融庁に目を付けられているらしいじゃないかと話しを振ると、古里は、自分は上に報告したが、上がもみ消したんだと白状します。

そこに半沢が現れ、会話を録音したと、事の顛末を話すように迫ります。

古里は、内部告発の内容を報告した資料を、京橋支店の支店長・貝瀬(川原和久)が自宅に運んで隠すことになっていることを白状すると、半沢は資料の回収に急ぎます。

寸でのところで証拠の資料を回収した半沢でしたが、伊勢島ホテルと銀行の癒着が見えた今回の一件は、ほんの一部であることを痛感します。

そして、戸越は「歴代京橋支店長と伊勢志摩の関係は黒い闇」との話から、その闇の中心は、かつて京橋支店長だった、現・常務の大和田だというのでした・・・。

半沢直樹動画6話視聴者の反響は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です