【全話無料】半沢直樹動画1話【幕開け】無料視聴方法!

最高視聴率42.2%の半沢直樹が来年4月に続編で帰ってきますね!!そこで見ておきたい今までの半沢直樹動画!ここでは半沢直樹動画を1話から全話無料視聴できる方法を紹介してます。さらにYouTube、dailymotionなどのリンクも併せて掲載してます!!!

 

半沢直樹動画1話から全話見逃し情報!

 

半沢直樹動画1話から全話無料視聴方法は?

半沢直樹ですがTBSドラマなのでparaviで見れるかと探してみましたが、ありませんでした。

現在見れるのは下記の動画リンクとなります。

YouTube

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話

 

dailymotion

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話

Pandora

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話

 

半沢直樹動画1話ネタバレは?

 

半沢直樹(堺雅人)は、実家が営んでいた小さな工場の資金繰りが苦しくなった時に融資をしてくれた産業中央銀行に入行しました。

そんな産業中央銀行は、東京第一銀行と合併し、今は東京中央銀行と名を変えています。

東京中央銀行大阪西支店の融資課長となった半沢は、行内でも業務の中心的役割を担う世代になっていました。

一方、家では妻の花(上戸彩)が、歯に衣着せぬ物言いで半沢に色々言うものの、持ち前の明るい性格で半沢をサポートしてくれて、半沢の家庭は円満です。

ある日、半沢は大阪西支店長の浅野(石丸幹二)から、西大阪スチールという会社から5億円の融資契約を取り付けるように強引な指示がありました。

西大阪スチールは新規の融資先であるにも関わらず、無担保での融資でいい、また入社二年目の中西(中島裕翔)に担当させて、その面倒を見ろとまで言われます。

浅野はこの西大阪スチールへの5億円の融資を取り付けることで、営業目標を達成し、最優良店舗賞を受賞したいと目論んでいたのです。

半沢は西大阪スチールを訪ねますが、社長の東田(宇梶剛士)は態度も悪く、融資に関しても、銀行側から頼んできた融資だと、声を荒らげます。

職場に戻った半沢は、西大阪スチールの社風や、融資先の突然の変更などに疑問があるので調べさせて欲しいと支店長の浅野に申し出ますが、浅野は最優秀店舗賞を取る為に必要な融資だと、稟議を作成するように指示します。

中西とともに、徹夜で稟議書を作成しますが、まだ検討の余地があったため、修正をしようとした矢先、浅野が稟議書をオンラインで決済に回してしまいます。

修正が必要だと食い下がる半沢に、「私が全責任を持つと言っているのだ!」と態度を崩しません。

結局、西大阪スチールへの5億の融資は稟議が通り、大阪西支店も念願の最優良店舗賞を初受賞すことができました。

ところが、西大阪スチールが莫大な負債を抱えていて、それを隠すために粉飾決算を行っていたことが明るみになり、西大阪スチールは融資からたった3ヵ月で倒産してしまいました。

東京中央銀行は融資額5億円を、騙し取られたことになってしまいました。

全責任を取るといっていた浅野は、全ての責任を半沢に負わせようと画策し、常務の大和田(香川照之)に半沢の責任だと嘘をついて、保身に走ります。

半沢の同期で情報通の渡真利忍(及川光博)は、半沢に、とにかく5億の回収が必須であり、それができなければ半沢1人が切り捨てられると忠告します。

半沢は5億の回収を浅野に宣言すると、西大阪スチールの下請けで連鎖倒産した竹下金属を訪ねます。

半沢が竹下金属を訪ねると、社長の竹下清彦 (赤井英和)が首を吊ろうとしていました。

竹下の自殺を阻止した半沢は、姿をくらました東田を一緒に探そうと言いますが、竹下は、銀行も東田と同罪といい、追い返されてしまいます。

一方、銀行に税務調査が入ったことで、半沢は西大阪スチールが脱税をしていて、隠し財産があるのではないかと睨みます。

半沢は、同期の近藤直弼 (滝藤賢一)がくれた情報から、西大阪スチールの経理担当だった波野(ラサール石井)に会いにいきます。

波野の話では、東田は愛人の藤沢未樹(壇蜜)のところにいるというのです。

半沢らは、未樹のマンションで、とうとう東田を見つけます。

抵抗する東田をなんとか捉えた、その瞬間、半沢は未樹の不意打ちにあい、再び東田と未樹に逃げられてしまいました。

東田を取り逃がして、茫然としている半沢の元に、明日本店で聞き取り調査があるとの電話が入り・・・。

 

半沢直樹動画1話キャストは?

 

半沢直樹(堺雅人)

本作の主人公。

東京中央銀行西大阪支店融資課課長。

慶応大学卒業後、合併前の産業中央銀行に入行します。

同行を選んだのは、実家が営んでいた工場が、資金繰りが厳しくなったときに助けてくれたのが同行だったという理由から。

曲がったことが嫌いな性格のため、上司から反感を買うことが多いですが、部下からの信頼は厚いです。

堺雅人

1973年生まれ、宮崎県出身。

主な出演作品に、「リーガル・ハイ(フジテレビ)」シリーズ、「Dr.倫太郎(2015年:日本テレビ)」などがあります。

 

渡真利忍(及川光博)

東京中央銀行東京本部融資課調査役。

半沢の同期で、親友。

慶応大学卒業後、産業中央銀行に入行します。

豊富な人脈と情報網を持っていて、本人も「人事が全て」と公言する情報通。

行内の動向を掴んでは、同期の半沢や近藤をサポートします。

及川光博

1969年生まれ、東京都出身。

主な出演作品に、「相棒(テレビ朝日)」シリーズ、「ハケン占い師アタル(2019年:テレビ朝日)」などがあります。

 

近藤直弼(滝藤賢一)

東京中央銀行大阪本店システム課長補佐。

半沢とは慶応大学の体育会剣道部からの仲。

半沢、渡真利ら同期の中でもトップクラスで出世しましたが、秋葉原東口支店時代の上司・小木曽支店長から過度のパワハラを受け、統合失調症を患い、半年間休職します。

滝藤賢一

1976年生まれ、愛知県出身。

主な出演作品に、「探偵が早すぎる(2018年:日本テレビ)」、「東京独身男子(2019年:テレビ朝日)」などがあります。

 

中野渡謙(北大路欣也)

東京中央銀行頭取。旧東京第一銀行出身。

「人」を大切にすることを重要として、合併後も権力争いを続ける旧東京第一銀行派と旧産業中央銀行派をどうにか融和させようと苦心しています。

 

北大路欣也

1943年生まれ、京都府出身。

主な出演作品に、「三匹のおっさん(テレビ東京)」シリーズ、「刑事7人(テレビ朝日)」シリーズなどがあります。

 

大和田暁(香川照之)

東京中央銀行常務取締役。

旧産業中央銀行出身。

最年少で常務に抜擢された出世頭。

派閥意識が強く、冷静ですが、切り捨てるときは容赦がありません。

香川照之

1965年生まれ、東京都出身。

別名義:九代目市川中車

主な出演作品に、「99.9 -刑事専門弁護士-(TBS)」シリーズ、「集団左遷!!(2019年:TBS)などがあります。

 

半沢花(上戸彩)

直樹の妻。専業主婦。

明るく、思ったことは口にするタイプですが、夫想い。

結婚する前は、フラワーアレンジメントの仕事をしていたが、結婚を機に辞めて専業主婦となりました。

上戸彩

1985年生まれ、東京都出身。

主な出演作品に、「絶対零度(フジテレビ)」シリーズ、「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜(2014年:フジテレビ)」などがあります。

 

浅野匡(石丸幹二)

東京中央銀行大阪西支店長。

行内では大和田派。

西大阪スチールの東田社長とは、中学時代の同級生。

西大阪スチールへの融資事故の責任を半沢に背負わせようとします。

 

石丸幹二

1965年生まれ、愛媛県出身。

主な出演作品に、「「ルーズヴェルト・ゲーム」(2014年:TBS)」、「アルジャーノンに花束を」(2015年:TBS)」などがあります。

 

 

江島浩(宮川一朗太)

大阪西支店副支店長。

旧産業中央銀行出身。

支店長の浅野の腰巾着的存在。

上司であるはずの自分に反抗的な半沢を気に入っていません。

 

宮川一朗太

1966年生まれ、東京都出身。

主な出演作品に、「アキラとあきら(2017年:WOWOW)」、「トットちゃん!(2017年:テレビ朝日)」などがあります。

 

中西英治(中島裕翔)

東京中央銀行大阪西支店融資課の行員。

入行2年目の若手ですが、優秀で責任感が強く、半沢を慕っています。

西大阪スチールの融資では、担当を言い渡され、半沢と共に奔走します。

 

中島裕翔

1993年生まれ、東京都出身。

男性アイドルグループ・Hey! Say! JUMPのメンバー。

主な出演作品に、「水球ヤンキース(2014年:フジテレビ)」、「SUITS/スーツ(2018年:フジテレビ)」などがあります。

 

 

黒崎駿一(片岡愛之助)

大阪国税局査察部情報部門統括官。

旧大蔵省銀行局出身の切れ者のエリート。

西大阪スチールの脱税調査を指揮します。

傲慢でヒステリックな性格、オネエ口調が特徴です。

 

片岡愛之助

1972年生まれ、大阪府出身。

主な出演作品に、「刑事7人(テレビ朝日)」シリーズ、連続テレビ小説「まんぷく(2018年:NHK)」などがあります。

 

 

東田満(宇梶剛士)

西大阪スチール社長。

東京中央銀行大阪西支店長の浅野とは中学時代の同級生。

粗暴な性格で、態度が悪く、威圧的。

自身が経営していた西大阪スチールで、東京中央銀行から5億の融資を受けながら、計画倒産して、5億円を騙し取りました。

 

宇梶剛士

1962年生まれ、東京都出身。

主な出演作品に「逃げるは恥だが役に立つ (2016年:TBS)」、「BG〜身辺警護人〜(2018年:テレビ朝日)」などがあります。

 

 

藤沢未樹(壇蜜)

東田社長の愛人。

大阪ミナミのクラブ「アルテミス」に勤めるホステス。

西大阪スチールの融資事故では、半沢に追われている東田の逃亡を助けます。

しかし、自身のネイルサロンの事業計画を半沢に絶賛され、融資の確約を取ると、半沢に加担します。

 

壇蜜

1980年生まれ、秋田県出身。

主な出演作品に、「ウチの夫は仕事ができない(2017年:日本テレビ))、連続テレビ小説「まんぷく(2018年:NHK)」などがあります。

 

 

波野吉弘(ラサール石井)

西大阪スチール経理課長。

西大阪スチールの裏帳簿を隠し持っていた。心臓病を患っており、半沢の目の前で心臓発作を起こしていた。

 

ラサール石井

1955年生まれ、大阪府出身。

主な出演作品に、「こちら葛飾区亀有公園前派出所(2009年:TBS)」、「雲の階段(2013年:日本テレビ)」などがあります。

 

 

竹下清彦(赤井英和)

竹下金属社長。

西大阪スチールの下請けだったところ、西大阪スチールの計画倒産のあおりを受けて自社も連鎖倒産してしまいます。

首吊り自殺を図ろうとしているところを半沢に助けられました。

 

赤井英和

1959年生まれ、大阪府出身。

主な出演作品に、「坂の上の雲(2011年:NHK)」、映画「はなちゃんのみそ汁(2016年)」などがあります。

半沢直樹動画1話視聴率は?

すごい視聴率ですね!!

続編も楽しみです。

半沢直樹動画1話視聴者の感想は?

ドラマだけど半沢直樹は大好きだった。特に近藤、大和田常務、岸川が料亭で取引するシーンなんて、三人とも座ったまま全く動きがないのに余りの迫力と緊迫感に息呑んだもん。力のある俳優さんの演技をちゃんと丁寧に演出すれば邦画でもドラマでも良いものができるのに、何であんなにダサくなるのか。

半沢直樹の1話をなんか見てたら半沢直樹の上司がウザすぎてめっちゃイライラしてきた、将来働きたくないって思った。

真瀬部長の謝罪シーンの半沢直樹感と最後のあすかちゃんの仕返し落ちはちょっと微妙だったけど全体的には人の負の感情がよく描かれた作品で面白かった(評並感)1話1話がすごく長く感じて続けて見てたらちょっと疲れた。

ドラマ「半沢直樹」は、1話、2話は、確かに面白かった。しかし、3話以降は、あまりにも下品な展開が続きました。組織を批判するように見せて、不正を批判するように見せて、それを取り込むという日本古来の汚い仕組みが再現されていました。復讐という恥ずべき感情も。

どなたも覚えていらっしゃらないとは思いますが、第1話で半沢が小木曽たちと対峙した小会議室。第10話で同じドアを開けるとそこは大会議室に変わっていた。(半沢直樹七不思議のひとつとさせていただきます)

半沢直樹に関してはすごく良かったです。なにが良かったって続きがすごく気になるのと演技がすごいいい。自分気がつかなかったんですけど以前見た「ツレがうつになりまして」と半沢直樹は同じ役者さんだったんですね。すごくキャラが違っていてびっくりしました。

半沢直樹動画1話視聴者の反響は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です