【最新】コンフィデンスマンjp映画ネタバレ予想!

2018年春に放送された「コンフィデンスマンJP」の映画版「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」がいよいよ 2019年5月17日(金)から公開されます!主役のダー子を演じる長澤まさみさんに加え、東出昌大さん演じるボクちゃん、小日向文世さん演じるリチャードもモチロン健在。ゲストには竹内結子さん、三浦春馬さん、ドラマ版でも登場した江口洋介さんらとその顔触れも豪華です。そこでこの記事では、映画「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」の気になるあらすじネタバレや注目ポイント、豪華キャストをご紹介します!!

全話無料視聴方法はこちら

 

コンフィデンスマンjp映画予告は?

コンフィデンスマンjp 映画 ネタバレ

映画「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」の舞台は香港。

コンフィデンスマン(=信用詐欺師)のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)が次に狙うおサカナ(=ターゲット)は、世界最高・伝説のパープルダイヤを持つ香港マフィアの女帝ラン・リウ(竹内結子)。

ラン・リウは、その冷酷さから「氷姫」と呼ばれています。

あの手この手でラン・リウに近づこうとするダー子らですが、なかなかうまくいきません。

それどころか、ランを狙う天才詐欺師・ジェシー(三浦春馬)も現れます。

さらに、以前、ダー子らに騙された公益財団「あかぼし」の会長・赤星英介(江口洋介)がダー子らへ復讐の炎を燃やして登場します。

予測不能の3つ巴の騙し合い、最後に誰が笑うのか?!

次から気になるネタバレ予想をポイントごとに見ていきます!

香港マフィア ラン・リウ

今回のおサカナ(ターゲット)は、香港マフィアの女帝ラン・リウ(竹内結子)。

世界最高のパープルダイヤを持ち、冷酷非情な性格から「氷姫」と呼ばれています。

ダー子らは、ランに近寄るべく色々調べると、ランはビジネスの相談を有名な占い師に相談するほど占い好きだとういうことが判明。

さっそくダー子は若手の詐欺師・モナコ(織田梨沙)と姉妹占い師となって、ランに近づこうとしますが、あっさり偽物だとバレてしまいます。

しかも、その脇には、天才詐欺師ジェシー(三浦春馬)が。

ジェシーもまた、ランのダイヤを狙っているのです。

そんなジェシーにも、ランは心を開ききっていなかったのですが・・・。

ダー子 秘められた恋

ジェシーと出会ったダー子は、その顔を強張らせます。

それは、ダー子とジェシーは、かつて一緒に暮らしたことがある旧知の仲だったからです。

その関係をジェシーは「元恋人」といいますが、ダー子は否定しています。

しかし、ダー子も、

「ジェシーは私のものよ」

とランと対峙したり、

「みんな、バイバイ」

と、ジェシーとヘリコプターで逃避行するシーンが・・・!

しかし、本作は「コンフィデンスマンJP」です。

このダー子の秘めた想いは、淡い恋の思い出で終わらず、恋心を利用した騙し合いとなるのではないでしょうか?

天才詐欺師 ジェシー

自称・ダー子の元恋人、天才詐欺師のジェシー(三浦春馬)。

ダー子と再会し、ダー子に再び一緒にコンビを組もうと誘います。

「僕らは最高のコンビだった」

「君が必要なんだよ」

とダー子に迫るジェシー。

回想シーンでは映画「ゴースト」の超有名な轆轤のシーンのパロディまで用意されています。

果たして、ジェシーのこの言葉、本心でしょうか?!

天才詐欺師・ジェシーの言葉の裏側、気を付けたいですね。

闇の帝王

ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人を、虎視眈々と狙うもう一つの目。

ドラマ版第1話でダー子らに騙された、日本のヤクザ・赤星英介(江口洋介)が登場します!!

「あの3人を始末できるなら、金に糸目はつけない」

と電話で、指示をする赤星。

さて、この電話の向こう側の人間は誰なのでしょうか?!

闇の帝王・赤星と組んでダー子らを陥れようとしている人物は、きっとダー子の近くにいるはずです?!

ボクちゃん告白?!

ダー子がジェシーとヘリコプターで逃避行するのを、モナコがボクちゃんに報告します。

「ダー子さんを止められるのは、ボクちゃんさんだけです!」

そして、予告では

「ダー子、好きなんだよ、お前が!」

と叫ぶ、ボクちゃんの姿。

これまで、全く“いい雰囲気”を見せることなくいたダー子とボクちゃん、いよいよ恋の歯車が動き出すのでしょうか?!

映画もまさに“ロマンス編”。

ダー子の秘めた恋と同様に、ボクちゃんのダー子への恋心も描かれているのかもしれません。

目に見えるものが真実とは限らない?

コンフィデンスマンは信用詐欺師の物語。

ドラマ版でも幾度となく、予測不能のどんでん返しを見せてくました。

この映画も、まさに「目に見てるものが真実とは限らない」のです。

それは、ジェシーを想うダー子の秘めた想いが真実ではないのか。

それとも、ボクちゃんのダー子への告白が真実ではないのか。

はたまた、ジェシーやラン・リウの何かが真実ではないのか。

「敵を欺くには、まず味方から」。

この言葉の真意は映画の中にありますよ!

最後に笑うのは誰?

最初に断言しちゃいます。

最後に笑うのは、やっぱり“ダー子”です!?

「みんな、まんまとだまされたでしょ。」

と予告動画でもダー子が笑顔で言っています。

また、三浦春馬さんもインタビューで

「かなりエッジの効いた規格外の大どんでん返しが最後に待っていますので、是非そのどんでん返しを楽しみに、公開を待っていただければと思います。」

と話していました。

規格外の大どんでん返し、ダー子のお得意です。

さて、どんな大どんでん返しが待っているのでしょうか!?

コンフィデンスマンjp 映画 ネタバレキャストは?

映画「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」のキャストをご紹介します!

ダー子(長澤まさみ)

天才的な頭脳と抜群の集中力を持つ女詐欺師。
どんなに難しい専門知識も短期間でマスタ―し、様々な人物になりきることができますが、ハニートラップだけは苦手。

長澤まさみ
1987年6月3日生まれ。静岡県出身。
主な出演作品に、映画「海街diary(2015)」、「アイアムアヒーロー(2016)」、「銀魂(2017)」、「嘘を愛する女(2018)」、「マスカレード・ホテル(2019)」、「キングダム(2019年)」などがあります。

ボクちゃん(東出昌大)

ダー子とリチャードと一緒に行動するお人好し詐欺師。
ダー子とは幼馴染で、リチャードとも幼少のころからの知り合いです。

東出昌大
1988年2月1日生まれ。埼玉県出身。
主な出演作品に、映画「桐島、部活やめるってよ(2012)」、「クローズEXPLODE(2014)」、「聖の青春(2016)」、「散歩する侵略者(2017)」、「OVER DRIVE(2018)」などがあります。また「峠最後のサムライ」が2020年公開予定です。

リチャード(小日向文世)

ダー子・ボクちゃんと共に行動するベテラン詐欺師。
変装技術が超一流で、ダー子同様に様々な役柄になりきれます。

小日向文世
1954年1月23日生まれ。北海道出身。
主な出演作品に、映画「HEROシリーズ(2007および2015)」、「アウトレイジシリーズ(2010および12)」、「犬飼さんちの犬(2011)」、「清須会議(2013)」、「サバイバルファミリー(2017)」、「祈りの幕が下りる時(2018)」、「マスカレード・ホテル(2019)」などがあります。
また、「アルキメデスの大戦」が2019年7月に公開予定です。

五十嵐(小手伸也)

神出鬼没の腕利きの詐欺師。
ダー子に心酔して、悪徳詐欺師から、ダー子らの仲間になります。

小手伸也
1973年12月25日生まれ。神奈川県出身。
主な出演作品に、映画「星になった少年(2005)」、「不灯港(2009)」、「高校デビュー(2011)」、「日々ロック(2014)」、大河ドラマ「真田丸(2016:NHK)」、テレビドラマ「仮面ライダーエグゼイド(2017:EX)」、「SUITS/スーツ(2018/CX)」などがあります。

ちょび髭(瀧川英次)

ダー子ら3人の詐欺師の部下。

瀧川英次
1977年12月27日生まれ。神奈川県出身。
主な出演作品に、映画「クライマーズ・ハイ(2008)」、「アウトレイジ(2010)」、「孤狼の血(2018)」、テレビドラマ「下町ロケット(2015:TBS)」、「ドクターX(2016:EX)」、「バカボンのパパよりバカなパパ(2018:NHK)」などがあります。

バトラー(Michael Keida)

ダー子たちのアジトとなっている高級ホテルのスイートルームの執事。
ダー子らが要求すれば、お取り寄せから詐欺のための資料収集までこなします。

Michael Keida
1979年9月23日生まれ。アメリカ合衆国出身。
主な出演作品に、映画「コンフィデンスマンJP(2018:CX)」、「ありがとッ!(TVK)」、「Tokyo Eye 2020(NHK World)」などがあります。

モナコ(織田梨沙)

ダー子に弟子入りしてきた、若手の詐欺師。

織田梨沙
1995年11月12日生まれ。千葉県出身。
主な出演作品に、映画「秘密 THE TOP SECRET(2016)」、「STAR SAND -星砂物語-(2017)」、「太陽の塔(2018)」、テレビドラマ「99.9-刑事専門弁護士-シリーズ(2016および2018:TBS)」、「精霊の守り人Ⅱ 悲しき破壊神・最終章(2017-18:NHK)」、などがあります。

ジェシー(三浦春馬)

天才詐欺師。得に恋愛に絡めた詐欺に長けています。
ダー子と昔からの知り合いで、一緒に暮らした経験があると話しています。

三浦春馬
1990年4月5日生まれ。茨城県出身。
主な出演作品に、映画「クローズZEROⅡ(2009)」、「君に届け(2010)」、「永遠の0』(2013)」、「真夜中の五分前(2014)」、「進撃の巨人(2015)」、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018)」などがあります。また、「アイネクライネナハトムジーク」が2019年秋に公開予定です

赤星英介(江口洋介)

公益財団「あかぼし」の会長。
文化芸術やスポーツの振興、慈善事業に尽力している名士の顔の裏で、地上げや贈収賄などの経済ヤクザとして暗躍している「日本のゴッドファーザー」と呼ばれる男。

江口洋介
1968年1月1日生まれ。東京都出身。
主な出演作品に、映画「闇の子供たち(2008)」、「GOEMON(2009)」、「パーマネント野ばら(2010)」、「洋菓子店コアンドル(2011)」、「はやぶさ 遥かなる帰還(2012)」、「るろうに剣心シリーズ(2012および2014)」、「天空の蜂(2015)」、「人生の約束(2016)」、「孤狼の血(2018)」などがあります。

ラン・リウ(竹内結子)

香港マフィアの女帝。
世界最高のダイヤを所有しています。
冷酷非情な様子から付いた呼び名は「氷姫」。

竹内結子
1980年4月1日生まれ。埼玉県出身。
主な出演作品に、映画「ゴールデンスランバー(2010)」、「ステキな金縛り』(2011)」、「ストロベリーナイト(2013)」、「ふしぎな岬の物語(2014)」、「殿、利息でござる!(2016)」、「旅猫リポート(2018)」などがあります。また、「長いお別れ」が2019年5月に公開予定です。

鈴木さん(前田敦子)

ドラマ第7話でダー子が用意した「子猫ちゃん」の1人。
「本物の与論弥栄」を演じました。

前田敦子
1991年7月10日生まれ。千葉県出身。
主な出演作品に、映画「あしたの私のつくり方(2007年)」、「那須少年記(2008年)」、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(2011年)」、「苦役列車(2012年」、「クロユリ団地(2013年)」、「Seventh Code(2014年)」、「イニシエーション・ラブ(2015年)」、「シン・ゴジラ(2016年)」、「探偵はBARにいる3(2017年)」、「のみとり侍(2018年)」、「食べる女(2018年)」、「マスカレード・ホテル(2019年)」などがあります。

矢島理花(佐津川愛美)

ドラマ第7話でターゲットになった資産家・与論要造(竜雷太)と愛人の間にできた要造の実娘。
18年前に家を出てから要造とは会っていなかったため、要造のもつ10億を狙ったダー子が理花に成りすまして与論家に潜入しました。

佐津川愛美
1988年8月20日生まれ。静岡県出身。
主な出演作品に、映画「蝉しぐれ(2005年)」、「海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ(2006年)」、「春色のスープ(2008年)」、「泣きたいときのクスリ(2009)」、「nude(2010年)」、「忍道-SHINOBIDO-(2012年)」、「グラスホッパー(2015年)」、「ユリゴコロ(2017年)」、「ゼニガタ(2018年)」などがあります。

与論祐弥(キンタ)(岡田義徳)

ドラマ第7話でターゲットになった資産家・与論要造(竜雷太)と本妻の間にできた息子・祐弥に成りすました詐欺師。
通称は巣鴨のキンタ。本名は成田太郎。
理花に成りすましたダー子が、与論家で出会います。

岡田義徳

1977年3月19日生まれ。岐阜県出身。
主な出演作品に、映画「電車男(2005年)」、「デトロイト・メタル・シティ(2008年)」、「20世紀少年 最終章 ぼくらの旗(2009年)」、「神様のカルテ(2011年)」、「闇金ウシジマくん(2012年)」、「HK 変態仮面(2013年)」、「女子ーズ(2014年)」、「愛を積むひと(2015年)」、「アイアムアヒーロー(2016年)」などがあります。

与論弥栄(ギンコ)(桜井ユキ)

ドラマ第7話でターゲットになった資産家・与論要造(竜雷太)と本妻の間にできた娘・弥栄に成りすました詐欺師。
通称は巣鴨のギンコ。本名は蟹江花子。
理花に成りすましたダー子が、与論家で出会います。

桜井ユキ
1987年2月10日生まれ、福岡県出身
主な出演作品に、映画「FASHION STORY -Model- (2012年)」、「寄生獣 (2014年)」、「トイレのピエタ (2015年)」、「はなちゃんのみそ汁 (2016年)」、「娼年(2018年)」などがあります。また、「柴公園」が2019年6月に公開予定です。

桂公彦(小池徹平)

ドラマ9話に登場した、IT企業「モスモス」の社長。
トークアプリ「モスモス」を開発し、億万長者となりました。
自社の節税対策として、弱小スポーツチームが買収し、オーナー権限で選手や監督を好きに解雇・投入していたことから、ダー子らのターゲットになりました。

小池徹平
1986年1月5日生まれ。大阪府出身。
主な出演作品に、映画「誰がために(2005年)、「ラブ☆コン(2006年)」、「ホームレス中学生(2008年)」、「ごくせん THE MOVIE(2009年)」、「サラリーマンNEO 劇場版(笑)(2011年)」、「サブイボマスク(2016年)」、「食べる女(2018年)」などがあります。

鉢巻秀男(佐藤隆太)

中国系マフィア「新・新宿金虎幇」のボス。別名は孫秀男。
ドラマ版最終話で登場し、ダー子から15億を奪い、銃殺したと思っていましたが、顛末は全てダー子らの罠で、ダー子から奪った15億に加え、さらに所持していた15億を奪い返され、自身も警察に逮捕されてしまいました。

佐藤隆太
1980年2月27日生まれ。東京都出身。
主な出演作品に、映画「LIMIT OF LOVE 海猿(2006年)」、「憑神(2007年)」、「ROOKIES -卒業-(2009年)」、「漫才ギャング(2011年)」、「BRAVE HEARTS 海猿 (2012年)」、「悪夢ちゃん The 夢ovie(2014年)」、「鋼の錬金術師(2017年)」、「輪違屋糸里 京女たちの幕末(2018年)」などがあります。

桜田しず子(吉瀬美智子)

ドラマ第2話に登場した、桜田リゾート会社社長。
経営難の旅館やリゾートを買収し再生させる「日本のリゾート王]ですが、狙った獲物を買収するために口コミサイトのねつ造や収賄・談合など手段を選ばなかったことから、ダー子のターゲットになりました。

吉瀬美智子

1975年2月17日生まれ。福岡県出身。
主な出演作品に、映画「のだめカンタービレ 最終楽章(前編 / 2009年、後編 / 2010年)」、「LIAR GAME The final Stage(2010年)」、「神様のカルテ(2011年)」、「ガール(2012年)」、「コドモ警察(2013年)」、「神様のカルテ2(2014年)」などがあります。

城ヶ崎善三(石黒賢)

ドラマ第3話に登場した有名美術評論家で美術商。
持ち込まれた美術品を真贋を偽り安く買い上げるなど金に汚いだけでなく、若い女性の美大生を弄ぶなど、悪行三昧のため、ダー子のターゲットになりました。

石黒賢

1966年1月31日生まれ。東京都出身。
主な出演作品に、映画「天国は待ってくれる(2007年)」、「ジャイブ 海風に吹かれて(2009年)」、「THE LAST MESSAGE 海猿(2010年)」、「岳-ガク-(2011年)」、「サムライ・ロック(2015年)」 、「HiGH&LOW THE RED RAIN (2016年))などがあります。

コンフィデンスマンjp 映画 まとめ

この記事では、映画版「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」の、あらすじやネタバレ、キャストについて調べてみました。

予告動画や公式サイトではあまりネタバレされていませんが、その分、劇場で実際にコンフィデンスマンの華麗なる詐欺に思いっきり騙されることができますね。

映画「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」は2019年5月17日(金)から公開です!

是非劇場で、ダー子たちの華麗なる騙し合いを体験してください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です