砂の器中島健人動画2019無料視聴!

フジテレビ開局60周年を記念したドラマ「砂の器」が2019年3月28日木曜日に放送されます。ここでは2019年砂の器動画を無料視聴する方法を紹介。さらに砂の器では天才作曲家を中島健人さんが、愛人役を土屋太鳳さんが演じますが原作砂の器ではどんな展開だったのかなど原作砂の器のネタバレも紹介します。


砂の器中島健人動画2019予告は?

砂の器中島健人動画2019無料視聴方法は?

砂の器ですが原作の砂の器はFODで視聴できます。

通常プレミアム作品は月額888円ですが初回1か月無料で見放題できます。

無料でお試し!FOD

さらに今回砂の器の原作は松本清張ですが松本清張のドラマも見放題で楽しめます!

無料でお試し!FOD

FODの特徴!

①2万作品が楽しめる!

FODの特徴としてはドラマ・映画・バラエティなどあらゆるジャンルの作品2万本以上が楽しめ、そのうち3千本が見放題なんです!

・高嶺と花

・コンフィデンスマンjp(長澤まさみ)

・恋仲(福士蒼汰)

・バージンロード(和久井映見)

・氷の世界(松嶋菜々子)

・東京DOGS(小栗旬)

・絶対正義(山口紗弥加)

・花にけだもの

・ラストシンデレラ(篠原涼子)

・101回目のプロポーズ

・スキャンダル専門弁護士queen(竹内結子)

・振り返れば奴がいる

・正義は勝つ

・踊る大捜査線

・レミゼラブル

・蜜の味(菅野美穂)

・記憶(中井貴一)

・プライド

・HERO

・黄昏流星群

・恋の時価総額

・ありふれた奇跡(仲間由紀恵)

・絶対零度

・ラストシンデレラ などなど

無料でお試し!FOD

②毎月8の日はポイントがもらえる!

毎月8日18日28日は各400ポイント付与されます。

以下のバナーがサイトに出てくるのでポイントゲットのボタンを押すだけです。

合計1200ポイント、さらにログインボーナスも100ポイント、合計1300ポイントもらえます。

なお無料お試し期間でもポイントは付与されます!

無料でお試し!FOD

③漫画も読める!

漫画ですがこちらもプレミアム会員になると毎月1300ポイントのほか、電子漫画を購入するたびに(弱虫ペダルの場合80ポイント付与される)ので1か月3冊購入すると240ポイント加算されます。※付与ポイントは電子漫画により異なります。

毎月のポイントと合わせると実質1663円分お得なのでかなり安く読めますね!!

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

無料でお試し!FOD

④雑誌も読み放題!

100冊以上の雑誌も読み放題!

無料期間も対象です!

無料でお試し!FOD

砂の器中島健人動画2019あらすじは?

2018年10月—。ハロウィーンの渋谷。街は仮装した若者たちであふれかえっている。

そんな中、駅の裏手の人目につかない場所で中年男性の遺体が発見される。

渋谷西署に捜査本部が設置され今西刑事(東山紀之)も加わることに。

遺体は顔と手の平を潰され、身元不明のままだった。

現場付近に、血のついた白いシャツを着た青年の目撃証言を得ることができたが、犯人なのか、ただの仮装した若者なのか?

さらに、殺害現場へと続くひとけのない道でふたりの男の目撃情報が。

ひとりは被害者と推定され、もうひとりの若い青年が有力な容疑者とみられたが暗かったため顔をはっきりと認識することができなかった。

しかし目撃者によると、被害者の男性が東北訛(なま)りであったこと、さらに会話の中で「カメダは相変わらずだ」という言葉を発したことが明らかになる。

今西は、若手刑事・吉村とバディを組み現場付近の聞き込みへと向かうが、カメダの手がかりが得られず捜査は難航する。

そんな中、世間の注目を浴び始めている天才作曲家・和賀英良(中島健人)が帰国後初となるコンサートを発表、そこで完全新作の協奏曲「宿命」を披露するという。

インタビューに応じるも、過去やプライベートについては一切語らず、ベールに包まれた和賀…。

そんな彼は、昨夜の犯行を思い返していた。ハロウィーンの渋谷で起こした事件の犯人は和賀だったのだ。

計画は完璧だ、そう自分に言い聞かせる和賀は、婚約者の佐知子と、その父で現役の大臣である田所と楽しい時を過ごしていた。

実は、事件当夜、和賀は現場付近に住む恋人、梨絵子のマンションを訪れかくまってもらっていたのだった—。

捜査が行き詰まりを見せた頃、今西はふと、「東北」にこだわることへの違和感を抱く。

そして、言語学者のもとを訪れ、方言について尋ねる。

すると、出雲地方の一部にも東北と同じ訛(なま)り方をする地域があることを知る。

しかもその区域には、「亀嵩(かめだけ)」という地名があった—。

島根県警に問い合わせた結果、被害者が行方不明の男性・三木謙一であることが判明。

今西ら捜査員たちはその進展に興奮する。現地で三木という人物について聞いて回る今西と吉村。

三木は児童養護施設に勤務し、各種ボランティアにいそしんでおり、三木を知る人物は皆「彼は仏のような人、恨む人間など一人もいない」と口をそろえた。

そこまでの善人が、なぜ殺されなければならなかったのか?今西らの捜査は再び暗礁に乗り上げることに—。

しかし、新聞に書かれた「列車の窓から紙吹雪をまく女」のコラムを見つけ、それが直感的に犯人のシャツである可能性を感じた今西は、その紙吹雪がまかれた場所を捜索、そこでその一片を見つけ、ついに血痕のついた布であることを確認する。

その血液は、被害者のものと同一であることが断定される。

その女こそ、銀座のバーテンダーで、和賀の恋人、梨絵子だったのだ。

警察の手が迫っていることを知った和賀は焦る一方、新曲「宿命」の完成に向け鬼気迫る勢いで曲作りに励んでいた。

今西は三木の足どりを追い続け、和賀と三木のある“接点”を見つけることに。

そして、和賀の父である本浦千代吉(柄本明)の存在にたどり着く——。

砂の器原作概要は?

フジテレビ開局60周年を記念して製作されたドラマ「砂の器」。

原作は、松本清張氏の同名小説で、1960年5月から1961年4月まで読売新聞の夕刊に連載され、後に光文社(カッパ・ノベルス)から書籍化されました。

都会の駅の操車場で起きた、ある殺人事件から始まる長編推理小説の本作は、担当刑事・今西と音楽家で犯罪者の和賀の対峙を動と静で巧みに描いた清張氏を代表する作品です。

また、推理小説でありながら、ハンセン氏病を物語の背景としていたり、方言が事件の鍵となる設定がなされていたり、社会考察を促す要素もふんだんに内包しています。

このように、推理小説としても社会に一石を投じる重厚な本作は、これまでに、幾度となく映像化もされています。

それでは、次から、これまでされた映像化について、製作年、作品形態、製作・配給社、主なキャスト、また原作との違いなどをご紹介します。

⑦2019年

主なキャスト

今西 栄太郎(警視庁捜査一課刑事):東山紀之

和賀 英良/本浦秀夫(天才作曲家):中島健人

吉村 弘(渋谷西警察署・刑事):野村周平

本浦 千代吉(本浦秀夫の父):柄本明

成瀬 梨絵子(バーテンダー、和賀の愛人):土屋太鳳

田所 佐知子(和賀の婚約者):桜井日奈子

早坂 琴美(和賀が所属する音楽事務所社長):黒木瞳

三木 謙一(児童養護施設の職員):高嶋政伸

岡本 多恵(児童養護施設の元職員):泉ピン子

田所 重喜(文部科学大臣、田所佐知子の父):北大路欣也

原作との違い

※第一の殺人の舞台が、ハロウィーン当日の渋谷の設定になっているなど、2019年という現代を舞台に、新しい解釈でドラマ化されています。

なお、最新作のドラマ「砂の器」は、東山紀之さんと中島健人さんのジャニーズ先輩・後輩コンビの共演や、バラエティー番組で共演している中島健人さんと土屋太鳳さんが愛人関係を演じることなどが、放送まえから大きな話題になっています。

特に、中島健人さんと土屋太鳳さんが魅せるラブシーンはネットでプチ炎上しているほど話題になっていますが、これまで清純派女優としのイメージが強かった土屋さんが、初めての愛人役という、影のある女性像をどう演じるのか注目です。

また、今回、作曲家・和賀役の中島健人さんは、自らピアノを演奏されています。

自身が所属するSexyZoneのコンサートでもその腕前を披露する、中島健人さんのピアノ演奏も期待したいところです。

 

砂の器原作ネタバレは?

男の死体

5月12日の早朝。

国鉄・蒲田操車場構内で、男の死体が発見されました。

死体は、顔がつぶされ、手の指紋も切り取られ、身元が分からないようにされていました。

被害者は、60代の男性、血液型は0型。

事件の担当となったのはベテラン刑事・今西栄太郎と若手刑事の吉村弘。

周辺の聞き込みから、前日の深夜、蒲田駅近くのトリスバーで、被害者と思われる男性と30代くらいの男性が話しこんでいたことが分かります。

カメダという謎の言葉

また、被害者と思われる男性は東北訛りの方言(ズーズー弁)を話し、二人の会話には何度も「カメダ」と言う言葉が登場していたことが判明。

今西は、「東北弁」と「カメダ」から、東北の「カメダ」姓を調べますが、手がかりとなるものが得られません。

次に、今西は、「カメダ」が人の名前ではなく、地名なのではと推理。

そして秋田県に「羽後亀田」という駅名があることを突き止め、今西と吉村は早速「羽後亀田」に向かいます。

不審な男

そこで、最近付近で不審な男がうろついていたとの情報を得ます。

しかしこの男は偽名だったことに加え、羽後亀田にも1日しか滞在しておらず、調査結果は芳しいものとはなりませんでした。

その帰り道、今西らは、話題の若手文化人集団「ヌーボー・グループ」のメンバーが、駅で人々に囲まれているのを目にします。

この「ヌーボー・グループ」は、あらゆる既成の権威を否定し、マスコミの寵児となっていました。

メンバーの中心的存在は評論家・関川重雄。

そこで、今西らは、同じ「ヌーボー・グループ」の1員で、前衛音楽を手がける音楽家・和賀英良に出会います。

白い何かをばらまく女

秋田での捜査が空振りだった今西らは、偶然新聞に白い何かを電車からばらまく女性のことが書かれたエッセイを見つけます。

その白いものをバラまいていた女性は、実は和賀の愛人・成瀬りえこでした

今西は、その白いものを拾い集め、鑑識にだします。

一方、鎌田の事件の捜査は難航、被害者の名前も分からない上に、前夜に被害者が一緒にいたという30代の男性の素性もつかめないままでした。

被害者氏名判明

しかし、被害者の息子(養子)を名乗る男の申し出から、被害者の氏名が「三木謙一」であることが判明します。

被害者の「三木謙一」は岡山県在住だったため、東北弁を使っていたという聞き取り調査との相違に今西は困惑しますが、方言の専門家に島根県出雲地方に東北弁に似た方言を使用する地域があるとの指摘を受けます。

そして、島根県の地図から「亀嵩」との駅名を発見した今西は、今度は亀嵩に向かいます。

亀嵩近辺で、三木謙一の過去を調べ、犯人像を掴もうとする今西でしたが、三木謙一は人に好かれはするものの、恨まれるようなことはないような好人物だったことがわかり、有力な手がかりは得られません。

ところが、現地の警察から、三木謙一が元島根県警の亀嵩駐在所巡査部長だったとの情報が入ります。

第二第三の殺人

しかし、いまだ捜査は難航、そしてその間に第二・第三の殺人が発生し、事件の謎はさらに深まっていきます。

一方、今西らが「羽後亀田」で出会った「ヌーボー・グループ」の人間関係にも、微妙な変化が生まれていました。

今西の執念の結果、女性がばらまいていた白いものは布で、その一部から血液が付いたものが発見されます。

血液が判明

そして、その血液は鎌田の事件の被害者、三木謙一と同じO型のものだと分かります。

このことから、白い布をばらまいていた女性・りえこにも捜査が始まりますが、和賀の子どもを宿していたりえこは、運悪く流産し、その後出血多量で亡くなってしまいます。

今西は、三木が向かおうとしていた伊勢へ向かい徐々に確信へとせまります。

本浦秀夫という男

そして、捜査はやがて、本浦秀夫という一人の男にたどり着きます。

本浦秀夫は、石川県の寒村に生まれました。

家族は貧しく暮らしていましたが、父・本浦千代吉がハンセン病だということが分かると、千代吉の妻で秀夫の母は二人の元を去っていきました。

そして、父と秀夫も村を追われることになり、やむなく父と秀夫は巡礼(お遍路)姿で放浪の旅をすることになったのです。

千代吉と秀夫が島根県の亀嵩に流れ着いた時、駐在で勤務していた三木謙一に保護されます。

そこで、千代吉は療養所に入所し、秀夫はしばらくのあいだ三木謙一に引き取られていました。

三木は秀夫をそのうち篤志家との養子縁組を考えていましたが、その前に秀夫は三木のもとを逃げ出してしまったのです。

その後、大坂まで逃れた秀夫は、誰かに引き取られたか、どこかで奉公していたと考えられました。

そして、その後おこった大阪市浪速区付近の空襲で住民の戸籍が原本・副本とも焼失してしまったことに乗じ、秀夫は和賀英蔵・キミ子夫妻の長男・和賀英良に成りすまし、英良の戸籍を手に入れたのです。

苦学して音楽家となった英良は、これからさらに音楽家として飛躍しようとしていました。

そこに、英良が秀夫だった過去を知る三木謙一が、英良の前に姿を現しました。

英良は自身の過去を知る人間を消す目的で、三木を殺し、そしてその殺人を闇に葬るため、愛人のりえこに、返り血を浴びたシャツの処分を任せたのでした・・・。

 

中島健人動画2019視聴者反響は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です